ロンドン・サマーセールその3 最大の敵編




「ロンドン・お買い物マナー」

「ロンドン・サマーセール その1」

「ロンドン・ショッピング明暗事情」

・・・・と過去に「Zuppinaは見た! (・_|襖|←市原悦子 」って感じで 色々とお客様について書いてまいりましたが



来ました 最大の敵が!!щ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!!



実はですね~ 以前の日記「ロンドン・お買い物マナー」に登場の日本人奥様も 先日お店にいらっしゃったのですが・・・


もちろん 私はその姿を見るなり 逃げましたよ~

ウチのお店のスタッフは 嫌なお客さんの顔を覚えていて その方が来ると皆逃げます・・・


またセールの時だけ来て!!


でも今回は私はノータッチ・・・子供は置いて来たようですので まぁ あれこれとセール品のみをお買い上げになって行きました


今回 最大の敵は その方ではありません・・・・


やはり「例の国」の方・・・(詳しくは「ロンドンお買い物マナー」をお読み頂けると嬉しいのですが・・・)


実はですね 例の国って 一カ国ではないんです


大きく分けると 3つの国 ・・・・


でも 一番難しいのが 今回最大の敵になった国の皆様・・・


もちろんセールの時期しかおいでになりません・・・・そして その国の方は 家族連れが多いですねぇ~・・・


お父さん、お母さん、子供達にお祖父ちゃん、お祖母ちゃんまで 一家揃って買い物に来るケースが多いようです


とにかく この国の皆様は「Annoying;アノイング=ウザイ!」の一言に尽きます


その方達 前日にもお買い物に見えました・・

応対したのがウチのイギリス人スタッフのLちゃん

Lちゃん とっても性格も良く イギリス人にしては接客マナーも素晴らしい子です


でも そのLちゃんが 「もうあの人達をサーブ(仕える)できないわ!!」

・・・と怒りにブルブル震えています


その方達の国では あたりまえなのかもしれませんが 何でも全部出来るだけ0円に近く物を買おうとします


50%引きの商品を見てすぐに「これ もっと安くなるでしょう!?」


なりませんって!


別の50%引きの商品を見て「これも買えば安くなるわよね~!?」


だから なりませんてば!!


またまた70%引きの 処分品を見て「これは 前の二つを買えばタダよね~!」


ならないっつーの!!凸(`△´#)凸キル ユゥゥゥ!



本当にしつこいんです・・・普通 セール品はそれ以上割引できませんって 一回言えば分かりますよね~!!


おまけに この国の方達の特徴なのか とても態度が横柄・・・そして口調もかなり威張った喋り方をされます


と~っても感じが悪い


結局その時は なんと35ポンド(7000円ちょっと)しか買い物をしていきませんでした

(セール中は普通皆さん 最低でも3万円くらいは使います・・・)



そして また その人達が帰ってきました!!


今回は買う気マンマンです・・・・<(T◇T)>うぉぉぉぉぉ!!!


もちろん 私は逃げましたよ~


応対したのは ウチのイケメン黒人スタッフのC君

(ウチの男性スタッフは全員 オカマ(元マネージャー)の職権乱用で 顔がいい子のみ選ばれています)


C君は結構変わっていて ゴーイングマイウェイタイプなので どんな人にも自分のペースを乱させる事はしません


(何故かお店で 良く踊って歌ってます・・・・・お客さんもたまに呆れてますが・・・)


だから C君なら大丈夫!


・・・って思っていたのが間違いだった・・・Σ( ̄ロ ̄lll)



C君と そのお客様のコラボレーションによって お店が大変なカオス状態になってしまったのです・・・・



まずですね・・・・C君 とても 仕事が遅いんですよ・・・・(-ω-;)

なにせ ゴーイングマイウェイですので・・・・



そのお客様 沢山50%引きの商品やら 訳アリ商品を買うようで 次から次へとティル(イギリスでのレジの呼び方)に 商品を家族総出で運んできます


ウチのティルは2個しかありません・・・・


なので 一つがその方達に占領されてしまったのです・・・

おまけに C君 非常にマイペース・・・(-ω-;)

亀にも負ける遅さで 一つ一つ商品をスキャンして行きます



その間 もう一つの使えるティルには長蛇の列が!!

他のお客様もイライラしているのが見えます


なのに その例の国の方たち 殆どの商品をスキャンし終わった頃に 

「あっつ!やっぱり これとこれヤメテ 別なものを買うから!今とって来るから 待ってて~!」って ・・・・


その繰り返しでした・・・・(-ω-;)


一番ムカッとしたのは その方達が買った商品の中に 同じ商品なのに別の割引率がついた値段タグがあった事


それは前々回のセールの時の値段・・・今回よりも 安い金額です


イギリスの商法では 商品についている値段で売らなければならないという決まりがあるようですので お店が間違えて安い値段をつけてしまったら お客様はその商品に限りその値段で買うことが出来ます


そしたら 全部の商品をその割引率で売れ!って言い出しました!!


すごい駄々のこね方です!!


そんな事はできませんよ~ ウチは大損しちゃいますし また 他の商品はそれぞれ正しい値段がついているんですから~~!!


一生懸命説明しても 例の国の人ですから 聞き分けがありません


とうとう ウチのスットコドッコイのマネージャーMオバサンが「じゃあ 特別に全部を最後に10%引きにするから・・・」って言っちゃいました



あ~あ・・・オカマだったら 一言 「出来ないわよ!!」で片付くのにぃ~!!


なんだか 例の国の人に負けた気がして 悔しかった~

(・・・って私は遠巻きに見ていただけですがね・・・・[壁]・m・) プププ )



人の振り見て わが振り直せ!



私は この例の国の方達のように お店から嫌がられるようなお客さんにはなりたくないな~って しみじみ思いました・・・



精神疲労度マックスに達した 一日でした・・・セール終了まで 身がもつかな?


明日の予告 「ロンドン ゲイパレード」 お楽しみに~!


読んでいただいて ありがとうございました・・・
下のオレンジのバナーをクリックしていただくと応援クリックになりま~す



[PR]

by zuppinalondon | 2006-07-05 03:44 | ロンドンショッピング