Filo(フィロ)への挑戦

f0102613_20215614.jpg

この春巻きの皮みたいなのは ギリシャ・中近東ではお馴染みの「Filo(フィロ;日本ではパートフィロ)」というお菓子やお料理に使われる材料です


焼くと薄い皮がパリパリになって 面白い食感!



パイ生地が一枚ずつバラバラに売ってる感じかな???


使う時は何枚か重ねて具を挟んだり 一枚で何かを包んで焼いたりするようです




ウチの近所のスーパーでも 「焼くだけでクロワッサン」とか「焼くだけでクッキー」とかの棚で一緒に売られています




最近「キーシュ」(イギリスではキッシュをこのように発音します)に凝っているので いつもの冷凍パイ生地ではなく変ったものを・・・

って思ったら これが目に入りました



パイ生地ってバターたっぷりなので カロリーが高いですよねー


その点フィロはカロリーが低くヘルシーなので早速購入




今回は「和風チキンキーシュ」と「豆腐のキーシュ」の2種類を作ることにしましたー!



キーシュは既製品がスーパーで沢山売っているのですが 自分で作った物の方が絶対に美味しい!!!





フィロは重ねて使う時は 一枚ずつの間にバターを塗るようですが・・・


そうするとカロリーが上がってしまうのと 面倒なので・・(面倒くさがりなんですよー)そのまま型の上に何枚か重ねてみました




以前「和みサロン」企画で卵の日ってのをやった時に 私があまり卵を食べないという事をお話ししましたが・・・


本当なんです


月に一回 6個入りの卵を一回買うか 買わないか・・・・



買うときはお料理の材料で必要な時のみ・・・

(茶碗蒸しとか ハンバーグのつなぎとか・・・)




だから 卵だけは質の良いものを買っています
f0102613_20415337.jpg

いつもは近所のスーパーブランドのオーガニック 放し飼い卵を買うのですが 今回はこの「パステル卵」を買ってみました


写真ではちょっと見えないかもしれませんが 殻が綺麗なパステルブルーなんです!!



これは鶏達が食べている飼料が違うため


そして お試し期間中だったようで「この卵を食べて満足しなかった場合は御代を返金します!!!」


・・・って ものすごい自信のキャンペーン中でした




・・・あのねー そんな事言ったら どんなに美味しくても絶対にお金返せー!って言う人が沢山この国にはいますよー!!(;-_-;) ウーム




とにかく その自信の程を見てやろうと買ってみましたよー





わぉー!たしかに この卵は違う!!!( ̄0 ̄) オー



日本で新鮮ないい卵って売られているのと近いです!!!


黄身が濃いオレンジ色で 割ると黄身の部分がこんもりと盛り上がっています



これなら 卵かけご飯とかに出来そう!!

(でも イギリスの卵はサルモネラ菌だらけなので 基本的には生食出来ません)





とにかくこの新鮮卵でキーッシュを作りました




キーッシュって 卵 牛乳 生クリームが基本ぢゃないですかぁー

そして具を適当に入れて焼くだけ・・・


実に簡単です!!



卵一個に対して 牛乳 生クリームが50cc位ずつ



この生地に顆粒カツオだしを入れて味付けしてみました

これは焼いたチキンとネギが具のキーシュへ



そして もう一つはヘルシーに卵と豆乳だけの生地

これにはお味噌をちょっと と カツオだし・・・


(お味噌汁みたいな臭いがしましたよー・・・(--;))


徹底的に味噌汁キーッシュにするために お豆腐にネギを散らしてみましたー




両方焼いたのですが 見た目はどっちも同じ感じになりました・・・
f0102613_20584841.jpg

私の彼氏のD君が遊びに来る日だったので ランチに両方食べてもらいました




ちなみにキーッシュから芽が出たのではなく D君がサラダの葉っぱを挿したようです・・・(; ̄- ̄;)



周りのフィロが紙のようにパリパリしているのが見えますでしょうか?



D君は 普通のパイ生地よりもフィロの方が美味しい!!って大変喜んでいました



「こっちの方が 軽くて食感も楽しいよー。チョーオイシカッター」

・・・って食べながら 過去形で美味しかったを繰り返していました




どうやら お豆腐のお味噌汁キーッシュがとっても気に入ったようです




このフィロ 結構使い方はある気がします

日本で見かけたら 皆様どうかお試し下さいねー


そして レシピ教えて下さいなー!!!




*おまけ*


先日降った雪・・・


あの2時間後には 溶けて 跡形もなく消えていましたー・・・


やっぱり 雪も根性がないな・・この国は・・・(-_-)ゞ゛ウーム

[PR]

by zuppinalondon | 2007-01-28 21:10 | Zuppinaの毎日