カテゴリ:ロンドングルメ( 32 )

点心・ディムサム・飲茶ランチ


今日は親友のMちゃんとチャイナタウンでランチでした

Mちゃんは私がいつもお世話になっているお友達

先週まで日本に一時帰国していて
お土産話大会も兼ねて ランチに行って参りました

場所はチャイナタウンでも
本場中国人もお勧めの「Joy King Lau」



ここは点心(Dim Sum=ディムサムと発音)が美味しくて
また、店構えにしては かなりリーズナブルなお値段設定

よくこのお店には行くのですが
やっぱり 美味しい!

ロンドンは物価が高く 何でも日本の1.5倍から2倍です
そんな中で点心は比較的安く食べられるので
人気があります

一人予算はだいたい10から15ポンド
(約2-3,000円位?)

レストランに入り 少し注文しただけで軽く20ポンド・・・
そんなロンドンではかなりの低予算ミールです


今日はMちゃんも大好きな

ヤムコロッケ
(ヤムいものコロッケ・・・・・日本のとはちょっと違う)
衣が厚くて クリスピー
でも 周りが カサカサ(?)した感じで 面白い食感
*こんな説明で解っていただけたでしょうか?



ちまき
蓮の葉っぱで巻かれて出て来ました
小さく見えますが 中身ずっしり 
ナメてかかると 痛い目を見ます
*Mちゃんと私は痛い目を見ました



大根餅
結構大きいサイズのものが 3個
プリプリ もっちりで 本当に美味しかったぁ・・・




フカヒレ餃子
エビはゴロゴロたくさん詰まっていましたが
フカヒレの姿は ほぼ確認出来ず
1・2本春雨っぽいのが見えた気が・・・・




海老腸粉
これはメニューには「ラザニア」と書かれていましたが

んー・・・・

確かに中華風ラザニアかもしれませんね
トゥルッ トゥルの皮の中に海老が入ってます
下に敷いてある ソースは醤油とラードでしょうか?
美味しい!


私はこのランチのために 朝ミルクティー1杯で我慢して
いそいそとChina Townへ出かけました


なのに・・・

Mちゃんたら!


朝お味噌汁を飲んで しばらくしたら お腹が ”グー”

食欲に負けて トーストを2枚と
来る途中で Ribenaという イギリス人が大好きな
(デヴィッド・ベッカムも飲んでるらしい)
ジュースを飲んじゃったんです!

そのため調子が出ず 5品を二人で頼んで もう充分
最後にはお互い 食べ物を押し付けあう始末


私が目をそらした隙に 私のボウルにちまきを ’ドンッ!”

私も負けじと 腸粉を Mちゃんサイドへプッシュ!


結局 少し残してしまいました・・
あーぁ もったいない・・・


お会計はなんと!

二人で たったの £13.90!!
(約3,000円弱)




帰りのバスでMちゃん

”あの時 吐いてもいいから 腸粉食べておけばよかった・・・”

と一人で後悔






いや・・


吐かれるのは 
困ります!!




行き方

地下鉄ピカデリーライン レスタースクエアー駅下車
旧スイスセンターの脇の細い道に入るとすぐ


Joy King Lau

3Leicester Street
London
WC2H 7BL

Tel;020 7437 1132















[PR]

by zuppinalondon | 2006-03-20 07:41 | ロンドングルメ

大好きヴェトナミーズ


ロンドンは人種のるつぼです
道を歩いていても、お店に入っても
バスに乗っても、英語以外の言葉を耳にすることが
非常に多いんです

「イギリス料理に美味いもの無し」
と変な意味で有名ですよね

こちらの人を見ていると
あまり食べることに関心がないように思えます

まず、お家でご飯を作る人が少ない
そしてスーパーに行くと
ものすごい数の既製食品、冷凍食品が並んでいます

そのほとんどが
外国料理をベースにしたもの

人気があるのは 中華、イタリアン、ギリシャ料理
インド料理、タイなど
さすが元大英帝国です

中華料理はすっかり市民権を得て
街のどこでも
チャイニーズ テイクアウェイ
(イギリスでは’テイカウェイ’と発音)
があり、ほとんどのお客さんは
アジア系以外の人たちです

まあ、アジア系は自分の家で作れるし、、、

そんな中で今私の一番お気に入りは

ヴェトナミーズ
(ヴェトナム料理)

お友達に連れて行ってもらって
その後何度も通ってます

多分このお店が一番おいしいと思います

行くと必ず注文するのは
「イカのフリッター チリガーリック」

f0102613_6594670.jpg


これは滅茶苦茶おいしい
衣に何やら美味しい味がついていて
おまけにフレッシュチリとニンニクの揚げたもの
そして塩のおりなす絶妙のハーモニー

そして
「ウズラの炭火焼」

f0102613_6574516.jpg


多分これは五香粉か何かで
軽く味付けしてからグリルしているよう
レモンまたはライムと
塩こしょうが入ってるこれまた絶品の
ソースをつけていただきます

どんなにお腹が一杯でも
最後の締めは必ずこれ!

「ヴァーミセリとバンブーシュートのチキンスープ麺」

f0102613_6581538.jpg


これは極細の米の麺と筍のおそば
スープが本当にいい味
一人一杯ずつぺロリといけます

またここはアルコールがBYOB
(Bring Your Own Bottle)
なので自分で持ち込みをする事になります

予算はお腹一杯食べても
ひとり 10ポンドで充分です
(約2,000円位)


場所はロンドンの北東地区
同じ通りにたくさんヴェトナム料理屋があります

隣はGeffrye Museum
普通の観光に飽きたら足をのばしてみてはいかがですか


行き方

地下鉄セントラルライン、サークルライン等で
リバプール・ストリート駅まで行き
そこからバス149か242に乗って10-15分程


バスの運転手さんに
"Could you let me know when we get to Geffrye museum?"
「クジュ レッミーノウ ウェンウィ ゲットゥー ジェフリー ミューズィアム?」
と言っておくと、着いたら知らせてくれますよ




Loong Kee Cafe

134 Kingsland road
London
E2 8DY

Tel: 020 7729 8344

[PR]

by zuppinalondon | 2006-03-14 06:53 | ロンドングルメ