「ほっ」と。キャンペーン

家族が来た!その3-ロンドン市内観光

f0102613_19554161.jpg

月日が経つのは早いもので もう8月ですねぇ

今日のロンドンは快晴。最高気温予想は23度でございます



家の家族が来た6月の中旬はお天気は良かったものの 気温が低めでジャケットは必需!だったなー


さて ロンドン初めての叔母のために簡単な市内観光に行きました


観光客向けのバスもいくつかあるロンドンですが 一応ロンドンっ子のD君(生まれも育ちもロンドンですが あまりロンドンを知らないんですよ・・)もいるし ロンドン市内観光なら 外国人の私の方が詳しいでしょう!って事で 自分達で市内巡りをすることにしました



まずはダブルデッカー(ロンドンのシンボル 2階建てバス)にてトラファルガー広場で写真撮影


この時 米国大統領のブッシュさんが訪英されていた関係で いつもよりも警察官の数が多く 通行止めになっている道もあったロンドンですが・・・



トラファルガー広場から ビッグベンの愛称で有名な時計台のある"パーラメントスクェアー”までは徒歩で一直線で行けます。 うちの母も叔母も元気いっぱいに歩く歩く・・


実は 私の妹Tちゃん、ロンドンに来る直前に道で転んで 足に怪我をしていたのです! なのでロンドンでは簡易ギブスをして 足を引きずりながらがんばって歩いてくれました



途中のホワイトホールという通りにはバッキンガム宮殿の一部でもある騎馬兵が番をする「ホースガーズ」があり 観光客にはこの衛兵と一緒に写真を撮るのが人気です
f0102613_2016582.jpg

Tちゃん 馬に鼻先で「ドーン!」とやられたみたいで


「馬に やられたぁ・・・(涙)」


とちょっと怖がっていました・・・




そのまま真っ直ぐ進むと 首相官邸の「ダウニングストリート10番地」が道なりにあり その先の左の方向にビッグベンが見えます


ビッグベンの脇にある「ウェストミンスターブリッジ」からは大観覧車の「ロンドンアイ」もみえますし、 ウェストミンスター寺院もすぐ近くにあるので この周辺は観光スポット満載です



母がバッキンガム宮殿の衛兵交代を見るというので また歩いて宮殿へ・・



夏は毎日午前11時半から30分間衛兵交代の儀式が執り行われるバッキンガム宮殿

宮殿の門のまん前で陣取って見たい方は 早めに行って場所取りをした方が良いでしょう



私達は11時半ぎりぎりに着いたので ちょっと離れた沿道で見学しました
f0102613_20261253.jpg

うーん・・これは一度見ればもういいかなぁー??(・・ってもう5-6回見てますがねぇ)

でも 母や叔母は音楽に合わせてリズムをとったりして楽しかった様子でした




そして・・・



また歩きでトラファルガー広場へ戻る途中・・・・



ロンドンの新市長「ボリス・ジョンソン」さんが自転車を片手にインタビューを道で受けていたんです


ボリスさんは 今や時の人!

D君も彼を見つけるなり 「あっつ!!ボリス!!」と叫んだ位です




なので うちの母達に・・

「あー あの金髪の人が 新市長のボリスさんだよ。毎日テレビや新聞 雑誌に出てる有名人だよー」

と言うと・・




うちの母が・・・



ツカツカとボリスさんの方へ進んで行き いきなり携帯のカメラを彼に向けて


「ちょっと!!」


・・・って言ったんです・・ボリスさんに日本語で・・(--:)




もうボディーガードか何かに連れて行かれるかと思いましたよ!!



「こらぁぁぁーーーー!!恥ずかしいからやめてよ!!」と写真を一枚撮った所で引き離し 手を引っ張ってその場を去りました・・


母ったら 撮った写真を保存し忘れて消しちゃうし・・・・



まぁ きっと日本に帰ってから写真を見ても

「この人誰???」

・・ってなるとは思いますがねぇー



その後は 「ハロッズ」、そしてハロッズよりももっと高級だと言われている「ハーヴィーニコルズ」にてお買い物


ハーヴィーニコルズには日本でも大人気の「キャスキッドスン」も入っていて Tちゃんと 叔母は沢山買い物をしていました


お腹が軽くすいたので ハーヴィーニコルズの中のカフェでサンドイッチとティーを頂きました
f0102613_20395031.jpg

ここのサンドイッチは中身の具にあわせてパンもハーブ入りや 全粒粉等を使うこだわりの とっても美味しいサンドイッチでした!

でも 量が多すぎ・・・

2人で1人分を分ける位で十分



残りは全てお持ち帰りにしましたよー




本当は大英博物館も連れて行ってあげたかったのですが 母も叔母も疲れたようなので先にホテルに返して 私 D君 Tちゃんと 私の親友Mちゃんの4人でパブに行ってロンドン最後の夜の思い出にしました



うーん 母達は楽しかったようですし何よりでした


私とD君は今年中に日本にいけるかなぁー????

お金貯めますねー!!!


[PR]

by zuppinalondon | 2008-08-04 20:48 | イギリス観光

家族が来た-その2! オックスフォード観光

f0102613_182314.jpg

先月の中旬 うちの母、妹のTちゃん、叔母と私達夫婦でオックスフォード観光に行ってきました



オックスフォードといえば ケンブリッジと並ぶ有名大学でご存知の方は多いと思いまスが ロンドンから電車でも1時間くらいで行ける観光都市です




今回もまた いつもお世話になってる「マイバスツアー」(ロンドン三越さんの地下にオフィスがあります)で「オックスフォード、ストラットフォードとコッツウォルズ一日観光」というツアーを申し込みました



実は 家の母と妹は以前もイギリス観光をした際に同じツアーに参加したのですが よほど前回の印象が良かったせいか 今回も同じコースを希望



当日 母たちは三越前で集合し 私達夫婦はヴィクトリアグリーンラインスティションで合流しました


どうやら日本人の観光客数があまり多くなく 今回は外国の方たちとの乗り合い 合同運行のようです


バスの中では日本人のガイド・ミッキーさん(れっきとした日本人の紳士)がイヤフォーンガイドを使って日本人用に説明する中 他の外国人観光客の方達と私達夫婦は英語ガイドの女性の方の説明をイヤフォーンで聞くという 不思議なツアーでした



まずは一路オックスフォードへ



バスを降りたら 日本人組と英語ガイド組に分かれて それぞれの観光です

(D君は日本人組について来てくれました!)



ハリーポッターの映画の撮影の際にロケ地として使われた「クライストチャーチ・カレッジ」



ホグワーツ(ハリーたちの学校)の内部はここで撮影(食堂はそっくりに作り直して撮影)されたそうです
f0102613_2182085.jpg

この階段は ハリー達のクラスを決める組み分け帽子のシーンが行われた場所です



またこのクライストチャーチカレッジは「不思議の国のアリス」で有名な ルイス・キャロルも通っていたそうですよー


街全体として 大変品の良いエリートな香りのする所でした




途中のランチは決められたパブでの昼食でした

多分 観光でおみやげ物屋さんに連れて行かれるように このパブもツアー会社と提携しているのでしょうが バスの中でメニューをあらかじめいくつか指定されて注文をとるとのことでした




でも メニューがあまり美味しそうではない事と 値段がかなり高く設定されていたので 私達は自分達で注文するからいいですと お断りをしました


これは断って大正解!!

だって 他の人たちの3コースメニュー(約2500円)の量の多さと 内容のお粗末さを横目でみながら D君はバーガーセットと私達は「スープ・オブ・ザ・デイ(日替わりスープ パン付)」で十分おなかいっぱいになりましたし金額も半額以下ですみましたもの


他の参加者の皆さん(外国人含む)ほとんどが 半分以上食べ残していました

とにかくお腹もいっぱいになって満足!!




そのあと 私の以前の日記でもご紹介した イギリスでもっとも美しい地方「コッツウォルズ」は車窓からの観光


そして イギリスといえば偉大なるシェークスピア!!

彼の奥様の「アン・ハサウェイ」さんの実家と シェークスピアの生家を訪れました



茅葺き屋根の大きな家です
f0102613_2413884.jpg

シェークスピアの生家の隣が「シェークスピア・ミュージアム」になっていて そこから入って シェークスピアの家に抜けられるようになっています


散々観光をしたせいか のどが渇いてきた私達


ガイドのミッキーさんが教えてくださった シェークスピアの家の向かいにあるジェラート屋さんで全員ジェラートを買って食べました





アイスを食べながら うちの母が一言


「あら?あそこに古い家があるけど あれは何なのかしらぁー??」


「・・・・・・・( ̄_ ̄|||)・・・・・・・」


今 出てきた シェークスピアの家なんですけどぉ・・・




とりあえず ご一緒させていただいた日本人の観光客の皆さんもなかなか楽しまれた様子


ランチは軽く食べただけなので 夜はD君のおごりで全員でロンドン市内の韓国料理屋さんで美味しい夕食を食べました



この次の日はロンドン観光が待っているのでした・・・

[PR]

by zuppinalondon | 2008-07-30 02:03 | イギリス観光

ロンドン・コヴェントガーデンのススメ

f0102613_555090.jpg

昨日は久しぶりのお休みでしたが 疲れた身体にムチを打って D君と一緒に「コヴェント・ガーデン」に行ってきました


コヴェント・ガーデンはロンドンの原宿または表参道といった感じの お洒落なお店やレストランがたくさん集まった観光地です


いつも人で一杯の活気がある場所


ミュージカル「マイ フェア レディー」で主人公イライザが花売りをしていたのが ここ「コヴェント ガーデン」なんです


今でも 昔のマーケットの面影を残しつつ 周りはどんどん洒落たお店で埋め尽くされてきています




コヴェント ガーデンといえば 大道芸

たくさんのストリート パフォーマーがその芸を披露する場所でもあります



どんなパフォーマンスかっていうと・・



え~っと よく顔を真っ白に塗って 銅像みたいに動かないで 誰かがお金を入れると動く・・・みたいなパフォーマンスから ヴァイオリン四重奏 はたまた 綱渡りまでありとあらゆるパフォーマンスが見られます



そこで見かけたこの人
f0102613_635771.jpg

他のパフォーマーが芸を披露するその脇で 自分の出番を待って練習中のようでした


皆さん やはり人に見せてお金をもらうためには 練習は不可欠のようですね~



日本人はあまりこういう系統の人達にお金をあげる事はしませんが 外国の方達はその点寛容です


自分が気に入ったり もしくは頑張ってるな~って思えば すぐに小銭をチャリ~ンと出します



もしお気に入りのパフォーマーに出会ったり 感動するパフォーマンスを御覧の際は小銭(だいたい50p(約110円)位でいいと思いますので あげてみてはいかがでしょうか?



ランチはコヴェントガーデンのジュビリー・マーケットを越えてすぐにある かなりお安い地中海料理のお店「Bistro 1」



このお店は2コースメニューで なんとランチが7ポンド以下!!


ロンドンでこんなに安くコースメニューが食べられるのってないですよ~


そして スターター(前菜)とメイン それぞれ15品位あるかな~?

選ぶのが大変なんです!!!



でも私は迷わず「サーディーン(いわし)のグリルとサラダ」をスターターに!
f0102613_6434668.jpg

「Grilled Sardine;グリルド・サーディーン」なんて洒落た名前ですが なんの事はありません!
 
タダの焼き魚です~

これが 新鮮で美味しかった!!



思わず「醤油とご飯持ってこ~い!!」って感じでした~

D君に次回は醤油を持ってくれば?って言われましたよ~



D君はスターターに「カラマリ=イカ」のフライ そして なんとメインが・・・



絶対に私のこの前のブログを見て影響されたに違いありません!!!



だって メインがコレですもの~
f0102613_6463264.jpg

モロ 「フィッシュ&チップス」!!!


揚げ物バッカでないの~!?

それもお魚が30cmはありました~

(お皿からはみ出てますよ~!!)



しかし・・残念な事に この魚は骨がたくさん残っていて 魚の骨が嫌いなD君は途中で食べるのを辞めざるをえませんでした


たしかに タラの骨って口にあたりますよね~

Harry Ramsdens;ハリーラムズデンズのだったら 骨がなかったんですがね~



そして私が頼んだメインは
f0102613_6503210.jpg

ギリシャ料理で有名な「ムサカ」


ラザニアのパスタがナスとジャガイモに変わって ひき肉はラムのひき肉になった感じの食べ物です


ラムはちょっと苦手ですが このようにミートソースになってると大丈夫でした~


つけあわせは サラダとライス


ものすごいボリュームで食べ切れませんでした


昨日は二人でミネラルウォーター一瓶を注文 

サービスチャージを入れて17ポンド位(約3800円)でした



これはロンドンではかなりリーズナブルなお値段ですよ~




お腹も一杯になって お散歩がてらブラブラ~




こんな写真を撮ったり・・
f0102613_702560.jpg

途中で見つけた靴屋さんでセールのブーツを買ったり・・


たくさん歩いて疲れた一日でした~



実はまた今週の日曜日にD君とコヴェント・ガーデン行くんですよ~

それは また後日詳しくレポートしま~す!!


「Bistoro 1」

33 Southampton Street
London
WC2E 7HE

Tel:0871 4263595


*行き方*

地下鉄ピカデリーライン コヴェント・ガーデン駅下車

コヴェント ガーデンマーケットを抜けて ジュビリーマーケットを越した「サウサンプトン ストリート」の「North Face」のちょっと先にあります

オレンジと黄緑のロゴ「Bistro」が目印

地図はコチラ



実はこの「Bistro 1」 SOHOの入り口にあたるカーナビーストリートの近くのBeak Street;ビーク ストリートにもあります

コチラの地図でご確認下さい!

[PR]

by zuppinalondon | 2006-09-28 07:11 | イギリス観光

バースのススメ

f0102613_5513783.jpg

英語でお風呂はBath


イギリス発音で「バース」(「バス」はアメリカ式発音です)


本当はTHなので 舌を歯の間に挟んで出す音なんですが イギリス人はTHの発音を Fと同じく下唇を前歯で押さえて 発音する人も結構います


だからTHが出来ない方は Fの音で代わりにやってみる手もありますよ~




ご存知の方も多いと思いますが 英語の「お風呂=バス」の語源となったのが ロンドンから約160Km離れた「バース;Bath」という街



Bath;バースって すごく素敵な所です



サマーセットという州にあるのですが この地名も好き~




ロンドンから電車で向かって行くと バースの直前で辺りの様相が変わります

とたんに 「本物のイギリスだーーー!!」って 胸がキューンとなる感じがするのです


(もしかすると 昔 私はバース近郊に住んでいたのかな~???・・・詳しくは以前のブログ「前世について考える」でどうぞ~)




世界遺産にも登録されている「バース市街」は日本人観光客でいつもあふれています



一番有名なのが「Roman Baths;ローマ式浴場」
f0102613_6322794.jpg

2世紀頃 ローマ人達の支配下で発展したとされる公衆浴場の跡です



もちろん 立派な観光アトラクションですので入場料はやはり ちょっとお高いですよ~


現在 大人一人10ポンド(約2200円)

(Zuppinaが行った時は学生だったので 学生証(国際学生証または イギリス国内の学校の学生証写真付き)を提示で1~2ポンド引きになった気がします)



これは当時の温泉保養施設をそのまま保存してあるのですが 今でも温泉が湧いているのです




入場料を払うと 無料で音声ガイドの器械を貸してくれますので 日本語用のを貰って それを聞きながら ゆっくりと古代の人達の裸の付き合いを想像しながら(ちょっとキモイですが・・)中をまわってみてください




英語で無料のツアーガイドが一時間に一回位あるようですので 挑戦したい方はどうぞ~


ゆっくりまわって 一時間ちょっとかな~??




中に おみやげ物屋さんがありましたよ・・・


でも日本の温泉地のような 温泉饅頭とか 温泉の素とかは売ってなかった気がしますね~




そのかわり たしか 温泉水をつかった化粧品が売っていた気がします・・・・

(でもバースの温泉を使っていたのでは ないかも・・・すみませんが 定かではありません)




バースって日本の軽井沢って感じなのかな??


お金持ちが良く ここの街には住んでいるそうです


なので 治安も大変良いとの噂



特にこの「ロイヤルクレセント」は有名で現在 ここは主に高級フラット(アパート)として使われています
f0102613_716175.jpg



ナンと一月のお家賃が最低100万位するらしいですよ~~



No1 ロイヤルクレセント(ロイヤルクレセント一番地)は博物館となっており No.16は これまたバースで最高級なホテル 「ロイヤル・クレセント・ホテル」です



え~っとですね~ このホテル 一番お安いダブルルームで一泊290ポンド(約65000円)でございますので 思い出つくりにいかがでしょうか~??



私が行ったのが たしか数年前の12月始めだったかな~??

その時は バース寺院の近くで クリスマス市が開かれていて 小さな屋台やら クリスマスの飾りを売っているお店が軒を連ねていました~


すごく可愛い物がたくさん売ってましたよ~



イギリス国内でも屈指の名門大学「University of Bath;バース大学」もある素敵な街 バース


まあ ロンドンに次いでの観光客が多い街のなので 日本からお越しの際は皆さん行かれると思いますが ちょっとハイソな気分を味わうなら バースかな???



イギリス観光に是非 このバース加えてくださいな~

[PR]

by zuppinalondon | 2006-09-02 07:19 | イギリス観光

ロンドンパスのススメ―(続)ベタなロンドン観光 

f0102613_637442.jpg

いや~ 実にロンドンは物価が高い!!

一昔前だったら 円も強かったので海外どこに行っても安く感じましたが どう考えてもロンドンの物価は世界で一番高いような気がします


生活に最低必要な物・・・・・パンとか牛乳とかは日本よりも安いです


でも基本的には贅沢品や観光スポットに関しては 質が伴わないバカ高さ!


また使い捨てのような品物・・・・例えばティッシュとかトイレットペーパーなんて 乾かしてまた使いたくなる位高いです!!

(トイレットペーパーなんか12ロールで1,000円以上ですよ!奥さん!!)



貧乏旅行をしたい方には絶対に向かない都市ですよ




それでも ロンドン大好きな貴方!!

意外と日本人は使わない「London Pass;ロンドン・パス」を今日はご紹介



これは主にロンドンの名所等に無料で入場できるカード式のパス


地下鉄 バス BR(英国鉄道) ドックランド・レイルが乗り放題付きタイプと 観光地の入場無料のみのタイプとあります


あとはお買い物も割引が使えたり また長い列で待つことなく アトラクションに入場できたりと色々な特典があるのです



なのに・・・・これを使ってる日本人って少ないかも・・・・



知名度が低いのでしょうか???



アメリカ人の観光客の皆さんには絶大なる人気なんですがね~



お値段は一日券 交通費ナシタイプで32ポンド(約7000円)

同じく 一日券 交通費込みタイプで37ポンド(約8200円)



まあ どれ位お得かっていうと・・・

現在ロンドンの地下鉄の片道切符が最低3ポンド(約650円)です


そしてロンドン塔(Tower of London) 入場料15ポンド、 セントポール寺院 入場料9ポンド、ロンドン水族館(London Aquarium) 入場料10.75ポンド 


だから 地下鉄に何回か載って いくつか観光すれば充分元は取れますね~


(現在1ポンド 約220円~230円)




お酒好きな方でしたら「Vinopolis;ヴィノポリス」なんていかがでしょうか?

5種類のワインのテイスティングにカクテルまでついて ワインに関する知識を広げちゃいましょう!

なんと入場料15ポンドがこのパスでタダになりますよ~




そして ロンドンの大人気ミュージカル「レ・ミゼラブル」と「オペラ座の怪人」のいいお席のチケット10ポンド引きになっちゃいま~す


ちょっと変わったところでは フットボールファンのための「チェルシーFC スタジアムツアー」もこのパスで14ポンドのツアー費が浮いちゃう~





このパスは 交通費込みで一日券37ポンド 2日券55ポンド 3日券71ポンド そして6日券110ポンド・・・


と日数が長くなるほど 一日当たりの金額は安くなります


だから ずーっとロンドン三昧したい方は結構お得ですよ~



これがあるとBR(英国鉄道)も地下鉄ならヒースローのあるゾーン6まで使えるので ついたその日からすぐに使えちゃう!!


そしてウィンザー城までBRで行き 入場の列に並ぶ事なくカードを見せてらくらく観光まで出来ちゃう!!



このロンドンパス なんとオンラインで購入して日本まで届けてくれます!!

なので旅行前に買って ロンドン到着の日からすぐに地下鉄で市内へと向かう事ができるのです



ちなみに送料は日本までは5.95ポンド 到着までに10日前後かかるので 早めにご購入を!



またロンドン市内で受け取りたい方はe-mailでヴァウチャーを受け取り それを持ってピカデリーサーカスにある(ロンドン三越の斜め前) Britain & London Visitor Centreでパスを受け取れますよ~



これを使ってどのくらい得したか計算するのも楽しいかも~!!



詳しくはコチラのホームページを御覧下さい!


残念な事に日本語はないので 英語でお読みください~


だから日本人には あまり知られてないのかな~????



とにかく ロンドンに来る前に高い物価に負けず 得しちゃいましょう!!


*おまけ*

今週末から約10日間 有給消化をするので何だか忙しい毎日でございます

皆様のページには明日ゆっくりと遊びに行かせてください~~


では Have a lovely day!!

(Lovely・・・ってイギリス人の好きな言葉です。キレイって意味ではなくて どっちかっていったら ナイス~!って感じで使うほうが多いですね~)

[PR]

by zuppinalondon | 2006-08-30 08:09 | イギリス観光

Tちゃんとベタなロンドン観光

f0102613_1954777.jpg

ロンドンに住んでいると いわゆる観光ってヤツをしないんですよね~



東京に住んでいる人が 東京タワーや浅草雷門にショッチュウ行かないように ロンドンに住んでいる人って意外と ロンドンの事を知らないし 行った事のない場所もたくさんあるんです



多分 観光情報は日本人の観光客の皆さんが 一番詳しいかもしれませんよ~




私もロンドンの観光スポットって あまり行った事がないんです


だから 日本から毎年 妹のTちゃんが遊びに来る時だけ観光客気分




去年の11月に日本からTちゃん 大量の食料 靴下 その他もろもろを持ってロンドンに到着



荷物が多いだろうとの事で 私の彼氏のD君も一緒にヒースロー空港にお迎えに行ったのです・・・



ところが・・



ロンドンの地下鉄って 本当に、本当に信じらない位遅れたり トラブルがほぼ毎日のように起きます


その日も 案の定 あと10分でヒースローの地点で信号故障


バスを乗りついで Tちゃんの飛行機到着から2時間遅れて私達は空港に到着


ウチの母から 私の携帯に電話が入り Tちゃんから電話で私が迎えに来ていないと言われて眠れなくなった・・・・(日本は夜中の2時頃)って


とりあえず 事情を説明して Tちゃんがまたウチに電話して来たら そのまま待つようにと伝えました



途中 私はTちゃんが心配で 心配で泣きたくなりました


大荷物をかかえて 一人で長旅の疲れもあるのに いつ来るかわからない姉を待ち続けなくてはならないんですから・・



そんな私の心配をよそに 空港でアフリカ系の皆さんの集団に囲まれて ポツンと一人座っていたTちゃん



「ごめんね~!! 電車が途中で止まっちゃって~!!!」

・・・って涙目で言うと



「う~ん? 大丈夫~ コーヒー買って飲んで 座ってたから~」

・・・・とさすが 物事に動じない AB型!!マイペースです!



皆さん 地下鉄でヒースローへおいでの際は充分注意して下さいね~!!



今回の旅行では Tちゃんと「ベタな観光」をしてみようと思い 思いっきりおのぼりさん気分で まずは・・

「London Eye;ロンドン アイ」


テムズ川にたたずむ 巨大観覧車です


これは一周が約30分くらいですが メチャ高いですよ~

現在一人11.70ポンド(約2600円)もします!!!


私が行った時は オイスターカードという JRのSuicaみたいなカード保持者は Buy 1 get 1 free;一つで二つ分の値段 だったので 私とTちゃんで 一人分の金額で済みました


オンラインでブッキングすると 10%Offになるそうです~

日本語も表示されますので 御覧下さいませ~


まぁ これは一回で充分って感じのアトラクションでした~



そして 次は・・
f0102613_19593650.jpg

東京タワーの蝋人形館とも繋がりがある ロンドンでいつも長蛇の列が出来ている 「マダム・トゥッソーズ」


(日本のガイドブックには 「マダム・タッソー」ってなってますが こっちの人は おフランス語風に 「トゥッソーズ」と 「ソー」にストレスをつけて発音します)

上の写真はTちゃんと ベッカム オーエンの両選手



マダム・トゥッソーズのいい所は 写真撮り放題 人形さわり放題!
f0102613_2034823.jpg

元007 ジェームズボンド役のピアースブロスナンと手をつないじゃってる Tちゃん

心なしか 嬉しそうです!!



ロンドンは何でも高いので こちらのマダムトゥッソーズも入場料が一人20ポンド以上(約4500円)します


ただし 季節や時間帯によっても値段が違うので ネット上で割引等を探されると お得になりますよ~


観光案内所とかに たまにロンドンの観光地の割引クーポンがついたパンフレットがありますので 要チェックです!!!


最後に・・・・


マダムトゥッソーズで逃してはならないショットを一枚




あっつ!危ない!!!

Tちゃん 危機一髪!!!!!!!





f0102613_20163749.jpg

超人ハルクに襲われそうな Tちゃん!!!



でも 何故かTちゃん 満面の笑顔~!!


大変嬉しそうです~



皆様も ロンドンにお越しの際は これらのちょっとお高いスポット 体験してみてはいかがでしょうか????

[PR]

by zuppinalondon | 2006-08-27 20:21 | イギリス観光

イギリスの田舎街 その3


昨日のストーンヘンジですが 「やはり一度は行ってみたい!!」
と思っていらっしゃる方も多いと思います


でも、あそこってロンドンから行くのに数時間ですが、
見るのはほんの30分ってとこ・・・・


だから、ついでに いかがでしょうか?「ソールズベリ大聖堂」!

☆、。・:*:・゚`★.。・:*:・☆、。・:*:・゚`★.。・:*:・☆、。・:*:・゚`★.。・:*:・
f0102613_64650100.jpg

☆、。・:*:・゚`★.。・:*:・☆、。・:*:・゚`★.。・:*:・☆、。・:*:・゚`★.。・:*:・

ストーンヘンジはこのソールズベリの街から約20分ですので ついでに見てみて下さい



この「ソールズベリ大聖堂」は ヨーロッパでは2番目の高さを誇る尖塔で有名です


その高さは123M・・・

この高い塔のお陰で 上の写真を撮るのが大変でした (-ω-;)



塔の天辺まで入れるには かなり離れて写真を撮らないといけません



カメラを手に 後ろへ少しずつ後ずさり・・・

行けども、行けども ちっともフレームに収まりません!

┐( -"-)┌ヤレヤレ...


もう、途中面倒になって 適当な所でシャッターを切りました

上がちょん切れてます・・ (T△T)



この建物はイングランドによくある「ゴシック建築」ってやつです


結構 これと似た感じの大聖堂系が多いので、アングルを変えて写真を撮って 「ロンドンのウエストミンスター寺院だ!!」とか 「バースのバース寺院だ~!」 はたまた「世界遺産のカンタベリー大聖堂だど!」と言って人に見せても 決して見破られる事はありません!!


一箇所で4つ、5つの観光地に行った気分になれ 大変お得です
(≧ω≦)b OK!!



さて、このソールズベリ大聖堂ですが、行くまで全然知らなかったのですが、あの歴史で習った「マグナカルタ」(お正月のカルタではありませんよ~~!)、すなわち「大憲章」の原本が保存されているのです!!

 w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!




大憲章・・・えーっと、昔の古い憲法ですね、平たく言えば



なんでも現存する原本は4つしかなくて その内の一番保存状態のいいものが この大聖堂の「チャプター・ハウス」に収められています。

もちろん、無料で見る事が出来ますよ!

(たしか展示品はレプリカではなかったハズ・・・・)



まぁ、見ても ?(゚_。)?(。_゚)?・・・・・ってなっちゃうかもしれませんが・・

とりあえず、世界のお宝って事で チェックをしておいてください!



お土産は売店があった気がします

でも、「ミニ・マグナカルタ」とか「大聖堂タオル」とかは無かったかもしれません



ちょっと歩けばエイヴォン川です



お天気が良ければお散歩が楽しめますよ!


今日は何位でしょうか??応援お願い致します
人気blogランキングへ
[PR]

by zuppinalondon | 2006-06-02 07:46 | イギリス観光

イギリスの田舎街 その2


もう お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが・・・・


<---左上のロゴの写真をストーンヘンジに変えてみました
(クリックをすると拡大化します)

以前のブログ「イギリスの田舎町 1」の続きです



とりあえず、イギリスに行ったら「ストーンヘンジ」でしょう!


イギリス南部にある この奇妙な物・・・・

たしか歴史か何かで習いませんでしたかぁ?



世界七不思議に入っていてもおかしくはないくらい 謎の多いこのストーンヘンジ (実際は入ってないんですよ・・残念ながら)


なんと こちらは紀元前3050年頃から土台が作られ始め 今残っている巨石群は紀元前1600年頃造られたものだそうです


行ってきましたよ・・・世界遺産のストーンヘンジ・・・

去年の11月 妹のTちゃんがロンドンに来た時に行きました

(日本帰国の際に、とりあえず「六本木ヒルズ」でも見てみるかぁ!って行った時のノリに近いです)


未だに 誰が何のために作ったかわからない この石の群れですが、大昔に作られたとは思えない程の技術が多用されているそうです


これは 横からの写真だと分かりづらいですが 石の柱が丸く円を描いて並んでいます


そして すごいことにストーンヘンジの中心から入り口・通路をむすぶ中心軸が 夏至の日の出の方向を正確に指しているそうです


一説によると 天文台だったのでは?とか太陽崇拝に関係がある??とか・・
諸説もろもろございます




実際に近くに行けるのですが、こんな大きな石を 紀元前のクレーンもない時代に どうやって運んだのでしょうねぇ?


この石もこの辺りからは採れない石で 大きいものは50トン近く 160kmも離れた場所から持ってこられた石もあるそうです


入場料を払って ちょっと地下道みたいな所を通って行くのですが 大昔の人がこんな所で何してたんだ!!皆金髪だったのかぁ??とか いろんな事を考えながら進んで下さい



まぁ、目の前にスートンヘンジが来ると「ふ~ん・・・」
って感じだけでしたが・・・


そして お楽しみのお土産で「ストーンヘンジ鉛筆」やら「ストーンヘンジ消しゴム」「ストーンヘンジトランプ」「ストーンヘンジタオル」・・・・(もう誰か止めて!!) 色々売ってます




イギリス人って無類のオカルト好きで不思議大好き!!


なので このストーンヘンジも大自慢だと思いますよ・・




ですが・・・ここって 周り何もない野原です・・・寒かった




そして 多分もう二度と行かないと思います・・・

一度でたくさん もう充分です・・・



(行かなくてもいいかも・・・・・・・あっつ!言っちゃったぁ~)

( ´ω`X( ´ω`X<ダメダーメ



行き方


車がないと行けませんので ツアーで行かれるしかありません

ロンドン三越の地下に「マイバス・ツアー」っていうのがあって
私はそこで申し込みをしました


なので 皆様もどっかのツアーで行って下さい


奇跡の24位でした!!記念写真を撮ってあります!
応援ありがとうございましたぁ~~

人気blogランキングへ


*おまけ*

筋肉痛です・・・(涙;) 今日は仕事も忙しく 電話にでる度に 何か大きな注文だったりで大変でした。どうして こんな日に限って 私だけ忙しかったのかなぁ?
オカマ(マネジャー)は機嫌が悪かったにもかかわらず、30分早く帰してくれました。
明日はヒマだといいな~

[PR]

by zuppinalondon | 2006-06-01 08:15 | イギリス観光

イギリスの田舎街 1


イギリスを本当に楽しむのなら ロンドンを離れて田舎へ行かれる事をオススメします


イギリス国内には まるで中世に迷いこんだと思わせる街や村が点在しており 観光でいながら おとぎの国に行った気分が味わえます


その代表格がイギリスで最もイギリスらしい田舎の風景が残っている
「コッツウォルズ」




以前ご紹介したアーティストのウイリアム・モリスもこの地方にある「ケルムスコット村」を「この世の天国」と呼び また「バイブリー村」を「イギリスで一番美しい村」と呼んでいたそうです


コッツウォルズとは古代英語で「羊小屋のある丘」といる意味で なるほど見渡す限りの丘陵地帯で実になだらかな線を描いてどこまでも緑が続いています

この地方の特徴がライムストーンという石で作られた家々
ベージュっぽい薄い色で ガイドブック等には「はちみつ色の村」なんて書いてあります


コッツウォルズとはこのエリアの総称なので 小さい村があちこちにありますが やはりここでは自然の中に溶け込む可愛い村々の風景を楽しまれる事が一番です


私が行った事のあるコッツウォルズの村は

*チェルトナム・・・温泉の街として知られている コッツウォルズ地方の玄関口になっている街

この街で出る鉱泉は医学的にもその効用が認められていて 飲んでも大丈夫だそうですが 塩辛いとか・・(私は温泉に入りませんでした・・・)

*カーソー・クーム(米語ではキャッスルと発音しますよねぇ、でも英語はカーソーに近い発音になります)

f0102613_15491458.jpg


典型的なコッツウォルズの村で道幅も狭く 自転車で散策したいなぁ・・と思わせる村です

*チッピング・カムデン・・・なぜかこの村は日本人観光客には大人気らしく ツアーでは必ず連れて行かれる場所のようです
シェークスピアの生地ストラットフォード・アポン・エイボンから割りと近いせいでしょうか?多分そっちに行ったついでに そのままバスで移動!だと思います


さてさて、田舎町で何を食べるか・・・


いくら美しくても ここはイギリスです!ので あまりお食事は期待できません

いちばん間違いがないのは パブランチです

どこのパブでも ロンドンに比べたらはるかに安く また手作りっぽいランチを出しています

イギリスらしいところで「ソーセージ&マッシュ」 これはソーセージの焼いたものにグレービーソース(肉汁にとろみがついたやつ)がかかっていて これにマッシュド・ポテトとグリーンピースがついているもの

「本日のスープ」 ロールパンがついてきますので あまりお腹が空いていない方はどうぞ

「パイ」 いろんな種類のおかずパイです。有名なのは「ステーキ&キドニーパイ」 サイコロ状に切ったステーキとキドニー(腎臓)が入っていて これまたグレービーで和えて パイに入ってくる 典型的イギリス家庭料理(・・・っていっても 皆さんウチでは作りません。買ってきたのを温めるだけです・・・・・・)


さて お腹が一杯になったら また歩いて散策の開始です



コッツウォルズにはもっとたくさんの村がありますが いかんせん交通の便が良くありません・・・

個人で行かれる方はレンターカーをされるか ツアーに申し込みをされた方が絶対にいいです

この交通の便の悪さが この地方をイギリスの美しい村のままにしているのだと思います


本日はいつもより格調高く 世界遺産を意識してご案内いたしました・・
(って あんまり変わってませんかねぇ・・・テヘヘッ(*゚ー゚)>)


人気blogランキングへ

[PR]

by zuppinalondon | 2006-05-17 16:11 | イギリス観光