「ほっ」と。キャンペーン

イギリスの不思議 Part 2



          私がイギリスに来て不思議に思う事 



第一弾では 5つの不思議
について お話しさせていただきましたが 
今回は第二弾でございます


やはり外国に住むと 自分の常識の範囲を超えた事柄や人々を 
目にする事は多いです



その1

雨でも傘をささない


ロンドンは まとまった雨はほとんど降りません

去年の夏も渇水対策で大変だったようです
しかし 降水量の低下もそうですが、ヴィクトリア時代から使っている
ふっるーい水道管が あちこちで水漏れを起こしているらしいので
そっちの方が水を無駄にしているゾ!  ヽ( )`ε´( )ノ ブーブー!!
・・・・と皆怒っていました

やはり乾燥している気候のせいか 雨も全く迫力がありません

日本のザーザー雨や梅雨が今となっては ちょっと懐かしく思えます

雨の量が少ないと 人は傘をささなくなるものですね

というより・・・・



             皆 傘持ってる??   アレレレ!?(・_・;?



日本で売っている長い傘はあまり見かけず 
ほとんどの人が 弱っちい折りたたみ傘を使っています

なので、ロンドンに遊びに来られる際は傘よりも フード付きの
ジャケットが重宝しますよ


ハイ、留学準備中のmaikoチャン ここメモっとく!! ∑( ̄皿 ̄;; ムッキー!!





その2

英国紳士滅亡?

イギリスといえば 紳士の国のイメージが強いのですが


ロンドンでは もう絶滅しました! L(゚□゚)」オーマイガ!



って勝手に 言い切ってしまいましたが
残念な事に 本当に紳士と思えるような方が少ないのです


バスや電車でも 皆 我先を争い他人の事はおかまいなしに
乗り込む人々を見ると 悲しくなります



「せめて、お年寄りやお子さん連れの方はやさしくしてあげましょうよ!」

・・・と年寄り・子供好きのZuppinaは思うのです



でも昨年日本に帰国した友人が言ってました

「日本に帰ったら がっかりしちゃった。皆すごく自分勝手で
マナーが悪すぎ。」


そうなんでしょうか?





その3

日本人女性はモテる・・・でも日本人男性は・・・・・  (゚口゚;)うっ・・・・・


ロンドンの中心部 ピカデリーサーカスに 日本人の情報源
また ロンドンに住む日本人の食料源の「ジャパン・センター」
があります

レストラン・本屋さん・スーパーと 一歩足を踏み入れると
そこは まるで日本

その中に 情報掲示板があり 住まい・バイト・学校等の
様々な情報が ところ狭しと並べられているのですが

よく見かけるのが・・

「私はOO歳の イギリス人男性です。日本人の彼女を探しています。
是非ご連絡下さい・・・」

みたいな張り紙



おまけに

「できれば 髪が長くて 痩せ型で 美人で 28歳以下で・・・・・」
なんて図々しい事をぬかしている とんでもない人もいます


それにしても大和撫子 超人気です


世界一の幸せな男の条件は

1.アメリカに家を持ち
2.ドイツの車に乗り
3.中国人のシェフをやとい
4.日本人の妻を持つ

と欧米ではいわれているそうです


それにひきかえ・・・・・日本男児!!

日本人の男性がイギリス人 または西洋系の女性を連れているのを
あまり見かけません


うちのオカマのマネージャーが言ってました





「なんでか 日本の男には そそられないのよねぇ・・・・」  
 
<(; ̄ ・ ̄)=3 フゥ...






ある意味 モテなくて よかったんじゃないかい?








頑張れ私!ファイトだ自分!
人気blogランキングへ

上の「人気blogランキングへ」か下の緑のヤツを押していただけると ありがたいのですが
f0102613_7491372.gif


[PR]

by zuppinalondon | 2006-03-31 07:54 | イギリス文化?

得するセール情報!

人気blogランキングへ



ランキングに参加してから 妙に気になる 自分の順位 - Zuppina



なんて 俳句ちっくに始めてみました

D君、ならびに皆様のご協力により おととい222位だったのが さっき見たら ヨーロッパランキング 第107位でございました
お情け 有難うございまーす! 感(┳∧┳)動


まだまだ世界制覇には 程遠いのですが 地味に楽しく ブログを続けたいと思う所存にございます





今日は 「スペシャル ショッピング イベントデー」でした



結局 お店を6時に 一度閉めてから 7時ー9時で招待をした130人の
お客様のみ お買い物を楽しんでいただく というイベントだったんです


お越しになった お客様全員には 明日からのミッド・ターム・シーズン・
セールの割引プラス10%引き そして、割引対象外の物も15%引き
なので すごくお得! 


おまけに 全員に定価9000円くらいの!! マグカップとジャム
オリジナル ショートブレッド(バター・クッキー)
そして有名デザイナーの香水のサンプルまで 差し上げたんです




なのに・・・・




シャンペンや おつまみを出したのが良くなかった  Σ( ̄Д ̄;)がーんっ!



なんだか ただのパーティー会場のようになってしまい
皆さん お話に花が咲いて 一向にお金を落として下さいません・・


Till(ティル=レジ)に列はできているんですが、皆さん、
あんまり値の張る物を
お買い上げではないようで・・


マネージャ達は何万ポンドの売り上げを期待していたようですが
予算 人件費も あれでは でないでしょうねぇ・・   (-ω-;)ウーン



結局 Zuppina達も 最後にお土産の残りをもらって お疲れ様!
お店の売り上げなんて 知らなーいもーん


f0102613_16342265.jpg




さてさて ここで 得するお買い物術



日本にいながら イギリスのセールが味わえる!!


まずは ほとんどのお店やブランドは セール期間中 
オンラインショップもセールをやります


そして日本に輸入する場合はそこからVAT(付加価値税)17.5%まるまる
ひかれるハズ!

これをやらないような ブランドはダメです!!



自分でイギリスに来て 手荷物で持って帰る免税の手続きをすると
手数料として半分くらい持っていかれてしまうのです
なので 手元にもどるのは8%から10%って 所でしょうか


だったら、わざわざイギリスまで来なくても
オンラインでお買い物ができるじゃないですか! 
わあい\(^▽^\)(/^▽^)/わあいっ




6月半ばからのセールは絶対にねらい目ですよ、奥さん  [壁]_・)チラッ




清き一票を!
f0102613_8384463.gif


  
人気blogランキングへ





[PR]

by zuppinalondon | 2006-03-30 08:37 | ロンドンショッピング

ミッド・シーズン・セール(中間期セール)

そろそろ イギリスではミッド・タームシーズン・セールが始まります



ちなみに・・・わたくしHarrodsでは働いておりません



以前に少しお話しましたが イギリスでは年に2回 
大きなセールが夏と冬にあります

その間を うめるのが「ミッド・シーズン・セール」です

このセールの期間は 2週間くらい
割引率は小さいものの 探せばいいものをゲットできる可能性大です




Zuppinaの勤める 某高級店では そのミッド・シーズンを前に
明日 特別イベントを催します



その名も「スペシャル・ショッピング・イベント・デー」!!



はい、そのまんまです ( ̄ω ̄;)




先月 こちらの新聞に広告を出して この日にお買い物をされたい方
お一人様 10ポンドでチケットを発売しました


もちろん 明日 なにか お買い上げいただいた方は 
10ポンドを お返しするという 保障つきです


シャンペンや Nibble(ニボー=おつまみ)も出ます


チケット130枚は あっという間に売り切れ
イベントは夜の6時から9時までです

私も 明日は9時まで仕事です (ノω・、) ウゥ・・・



こんな感じで スペシャルイベントをやるのは うちだけでは ありません


何度か繰り返し お伝えしましたが イギリス いえ、ロンドンの物価は
日本の1.5倍から 2倍ですので セールを上手に利用しない手は
ありません


ぢゃあ、 イギリスで何を買えばいいか!?


それは・・・・・


メイド イン イングランド の物!!


でも これは結構難しいですよ
ほとんどの物が 外国製ですからね 今は


それでも何か記念にというのであれば・・・


紅茶!!


こちらは VAT(Value Added Tax=付加価値税)が何と 17.5%も入ってます


でも、子供服と紅茶には税金がかからないんで 安いですよ
日本の約半額で 高級茶葉が 買えます


日本で手に入らないものは ほとんどないんで お土産大変ですよね!

f0102613_8174463.jpg




おまけ

D君に 「ブログ人気ランキングに参加したから 私の日本語ページに行って
緑のバナーを クリックしてね!」って お願いしました

そして 今日の夜 MSNメッセンジャーで いつものようにチャット
「あれさ、同じIPアドレスからは 一日一回しか カウントされないんだってよ」
って 私が言うと


D君
「えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!」 ・・・(゚_゚i)タラー・・・




どうやら 今日一日中 クリックし続けた模様 (。□。;)逆さガビーン!!




頑張ったD君に一票お願いします!
f0102613_8283065.gif

人気blogランキングへ


[PR]

by zuppinalondon | 2006-03-29 08:32 | ロンドンショッピング

イギリス朝食事情

イギリス人は いったいどんな朝食を食べているのでしょうか・・・・


まずはZuppinaの今朝の 朝食から
f0102613_2119768.jpg


ひゃぁ・・・恥ずかしい・・・・


日本にいた時は 毎朝ご飯、おかず、お味噌汁の朝食でした

ウチの家族は あまりパンが好きではなく、また 母は朝からステーキも焼いてしまうツワモノ


なので、こんな食事は母には見せられません・・・・・・・  (・Θ・;)アセアセ…



しかし!


私の周りには シリアルでさえも食べず 朝食抜きの人も多いんですよ


普通のイギリス人は トーストにシリアル そしてコーヒーか紅茶で済ましているようです


イギリスにはイギリスパンは存在しません!


こっちのパンは日本のサンドイッチ用くらい 薄くて サイズも小さめ
カリカリに焼いて 冷ましてから バターを厚く塗ってたべるようです

なので、トースト・スタンドなんてのも売ってます(焼いたのを冷ますため)
でも なんだか パンがモソモソ(?)してて 美味しくないんです・・・

Zuppinaのパン嫌いが加速したのは こっちのパンのせいです!



でも イギリスの料理でわりと評判がいいのは 「イングリッシュ・ブレックファスト」


どんなものかと申しますと




まずは

フライド・ベーコン、 フライド・トマト、 フライド・マッシュルーム、 フライド・エッグ(目玉焼き)

・・・・って 全部フライドぢゃないの!!! ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆ ケシカラン!!


これに、 Zuppinaも好きな ベイクド・ビーンズ=大豆をちょっと甘いトマトソースで煮たもの
ハインツの緑の缶が有名です



更に、魚の燻製やハッシュド・ポテトを加えることもあります

これに トースト、シリアル、ジュース、コーヒーか紅茶がつくのです



こんなの食べているのは・・・・観光客だけに違いありません!!




Zuppinaはイギリスに来てから あの質素な朝食のおかげで
便秘が解消されました!!(祝)

こっちの 水は硬質でカルキを多く含むため、お腹に効きます
なので 毎朝一杯のミルク・ティーは欠かせません

そして シリアルで繊維質をとって・・・・快腸、快腸!


コントレックスなんて買う必要なしです


安上がり!



クリックお願いします!
f0102613_2151822.gif

人気blogランキングへ

[PR]

by zuppinalondon | 2006-03-28 21:43 | イギリス文化?

よろしくお願いします

このたび よそのサイトから引っ越してまいりました

f0102613_94377.jpg


とりあえず、移せる分の過去ブログはこちらに移しましたので

もし お時間があれば 読んでやって下さいまし

また ロンドンにお越しの方 イギリスがお好きな方

私で分かる事でしたら ご質問等にも お答えしますので

お気軽にコメントお残し下さい



クリックお願いします!
f0102613_9453556.gif
人気blogランキングへ
[PR]

by zuppinalondon | 2006-03-28 09:46 | Zuppinaの毎日

イギリス食事事情


イギリス料理って何?



フレンチ・イタリアン・中華・タイ その他もろもろ


世の中には こんなにたくさんの有名料理がありますが
イギリス料理、ましてやBritish/Englishレストランなんて
聞いた事ありませんよね



以前もちょっとだけお話しましたが
イギリス人はあまりお料理に興味がないように思えます



Zuppinaの好きなTV番組に
「You are what you eat」
(あなたの食べる物があなた自身です)
というのがあるんですが


つまり、普段食べている物が そのまま
自分自身の身体や心に反映する・・という意味です


この番組に出てくる一般のご家族
みーんな 肥満体


イギリスはヨーロッパの中で一番の肥満大国
この事は深刻な社会問題であり
成人病やその他の肥満による病気が
国の財政を圧迫しているようです

「You are what you eat 」では
カリスマ女性栄養士のDr.ジリアン・マッキースさんが
出演者の食生活を正し 減量させる
という内容ですが


その方法がすごい!



まずはショック療法


たいていこの番組に出てくる人たちは 何かしらの
Addiction(中毒症状)を持っています


例えば
Chocoholic (チョコホリック=チョコレート中毒)
もちろんAlcoholic(アルカホリック=アルコール中毒)も


ある日の出演者で油を採りすぎの主婦がいました


なんでもFry(揚げる・炒める)
毎日Fry・毎食Fry!


目玉焼きも油たっぷりで、上から油をかけながら焼く
そして、イギリス人の好きなチップス(フライドポテトの太いやつ)
おまけに衣の付いたFish Fingers(白身魚のフライ)
おやつはCrisps(クリスプス=ポテトチップス)


ジリアン博士は彼女とご主人が一週間に消費する
食べ物の例と油の量を計算して
テーブルの上にドンッ!!


なんと一人一週間で約1・5L以上もの油を
身体に入れていたんです!!



「これだけの量の油を飲めますか?
あなた達はこんなにたくさんの油を飲んでいるのと同じなのよ!」



奥さんとご主人はビックリです



そして、健康診断


血液検査から Poo(ウ*チ)の検査までを
専門家にしてもらいます


もちろん結果は異常ありです


だいたいの人はこのままでいくと
あと何年かで大きな病気になる可能性が非常に高い
と言われ 脅されます


そこからがダイエットのはじまりです


でもこういう人に限って 野菜嫌い

ジリアン博士は 野菜の調理法から
丁寧に教えて行きます

蒸す・茹でる・そして生で


「5 a day (ファイヴァ・デイ)」
これは繊維質のファイバーと語呂を合わせて
一日5種類の食物繊維を含む食品を食べましょう
という運動です


出演者も最初はなかなか それまでの食習慣を変えるのに
苦労をしますが 数週間後に博士が確認に行くと
みんな 痩せて 健康になっています



その後の健康診断でも 結果は明白
全ての値が正常に近くなっているのです



既製品の食事でお手軽に済ませる事の多いイギリス人

そんなつけが今まわって来ている様に思えます







クリックお願いします!
f0102613_833164.gif
人気blogランキングへ
[PR]

by zuppinalondon | 2006-03-27 07:59 | イギリス文化?

Summer Time!


今日から Summer Time!
(夏時間)の始まりです




毎年3月の最終日曜日の午前1時ちょうどに
時間が一時間 進みます

今まで1時だったのが 2時になるということです



これは 夏の間の日照時間を増やして
その恩恵を受けようという
欧米で一般化した制度


例えば 今ロンドンは朝の10時半ですが
昨日までは朝の9時半でした



一時間損をする感覚ですが
実は 結構 経済波及効果大!なんです



ただでさえ 夏は日が長くなるイギリス
昨日までは夜の7時頃まで薄っすらと外が明るかったけど
今日からはその明るさで 夜8時!



6月になると なんと 
夜10時過ぎても日が暮れません!



って事は





夜遊び し放題!!??



イギリス人は皆
いつまでも外が明るいのをいいことに
ずーっとパブで飲んでいます



日本でSummer Timeが導入されたら・・・




残業が増えるのかな?

[PR]

by zuppinalondon | 2006-03-26 07:57 | イギリス文化?

ロンドンの治安について 番外編

間違えて このブログへ来てしまった方へ
もしお時間があれば、まず「ロンドンの治安について 2」をお読み下さい



先日お話した Sパパの災難 IN ロンドン

話の続きが あります・・・・

泥棒を追いかけて ロンドンを疾走したT ちゃん
本当にあと 少しで犯人に追いつきそうでした


その夜


ベッドで 一人
「アイタタタ・・・」とTちゃんが唸っていたので

どうした?と聞くと

「足 つっちゃった」

かわいそうに、いきなり走って こむら返りを起こしたようです


そして、パスポートを盗られたSパパ
そうとうな落ち込みようで 良く眠れていない様子

更に事態は 面倒な事になっていました

なにせ今回のメインは「ユーロスターで結ぶ
ロンドン・パリの旅」なので
パリに行かなくては ならなかったのですが
パスポートがない!!


イギリスだけの旅でそのまま日本に帰るのでしたら
「帰国証明」を大使館で出してもらい
パスポートがないままでも 大丈夫なんだそうですが
その当時、他の国に入る場合は パスポートは必須
と言われ真っ青


盗まれたのは 土曜日
日曜日は 大使館はお休み
水曜日にパリに行かねばなりません

ホテルやユーロスターも全部予約済みですので

そんなっ!!2日間しかない!!
どう考えても 無理そうな・・・

とにかくやるだけ やって、ダメだったら
私とSパパはロンドンに残るしかない、と決定

まずはパスポート用の写真を撮りに 皆でピカデリーサーカス駅へ

インスタント写真ですが、700円くらいしたかな?

でも

Sパパ、撮影時にあさっての方向を見ちゃったみたいで
写真の中で 虚ろな目・・・

本人、取り直しを希望しましたが なんせ700円
もったいないので 却下!

月曜日に私がSパパを
Green Park駅近くの日本大使館に連れて行きました

その間他のメンバーはコッツウォルズ地方と
シェークスピアの生誕地ストラットフォード・アポン・エイボンへ

私も行きたかった・・・でも

Sパパの運は尽きていませんでした!

盗まれたパスポートの番号
発行年月日等全て控えてあったために
なんと翌日発行してくれるとの事!!

こんなに早く再発行してもらえるなんて
めったにないそうです
ラッキー!

無事に全員 花の都パリへ



日本帰国後、Sパパのあの落ち込みはどこえやら
いつのまにか 引ったくり事件は自慢話となっていました

そして

知り合いの保険屋さんに よくしてもらったそうで
保険も 有り余るほどおりたとか おりないとか・・・・・




パスポートは免税品店等で 提示を求められますが
コピーしたもので 充分
必ず控えとして コピーをとって置かれる事をおススメします





[PR]

by zuppinalondon | 2006-03-24 07:55 | ロンドン生活

ロンドンの治安について その3


昨年の7月7日の地下鉄・バス爆弾テロ以来
ロンドンの街角には 警察官の姿が増えました

f0102613_7542785.jpg


 あの日私は・・・・


朝起きると 必ずつけるBBCニュース
私が目覚めた時は まだ いつものロンドンでした

その日は朝の10時半から仕事でしたので
自分のフラットを9時半に出られるように 仕度を始めました

多分あれは9時頃・・・突然私のMobile(モバイル=携帯)が鳴り
出てみると 日本の母からでした

「今 ニュース速報で 
ロンドンの地下鉄で爆発事故があったって・・・
Zuppina、大丈夫なの?」


エッ?BBCじゃそんなニュースやってない・・・


とりあえず、まだ家にいるので大丈夫という事と
多分すぐに 納まるから・・・なんて呑気な事を母に伝え
ひとまず 電話を切りました


テレビでそのすぐ後 やっと爆発事件について
報道が始まりましたが その時は まだテロだとは断定されず
普通の爆発事故のような報道内容でした


とにかく私は仕事場へ向かうために
いつものバス停へ


来たバスに乗り込み いつも通りに二階の席へ
でも、バス停を4つ行った ある地下鉄の駅の手前で
バスは急に停まり、そこから 動きません


運転手さんの声がバスの中に響きます
「バスはここで終わり。この先には行かないよ。降りてください」


困った・・
運転手さんの所へ行き
「xxx駅まで 行くバスはあるかしら?」と尋ねると


「多分全部のルートが閉鎖されてるから 歩くしかないよ」
と言われました

しかたなく テクテクとすぐ近くの地下鉄の駅へ

ところが

私の目の前に 異様な光景が


片側2斜線の道路と 広い歩道の端から端までが
テープで遮断されていて 車はおろか
人っ子一人通れないようになっていました


その先では何人もの警察官の姿が見えます


その駅周辺では 爆発は起きていなかったんですが
おそらく ロンドン中がこのような非常事態であったと思われます


全ての交通機関は完全に麻痺してしまい
どうあがいても 仕事に行けそうにありません


Mobile(モバイル=携帯)で電話をかけようにも
全くつながりません


テキスト(ショートメール)も無理でした


公衆電話には長蛇の列
しかたなく 並んで順番を待ちます

なんとかお店に電話がつながりました

皆 はっきりとした事は分かってはいませんでしたが
何か良くない事が起きたとは感じていました

その日は仕事に来なくて良いと言われ
そのまま 家に帰る事に

といっても、バスはもうありません
しかたなく 散歩がてら運動もかねて 
徒歩で今来た道を戻る事に

途中 スーパーで食料の買出し
今後どうなるか 分からなかったため
余分に食べ物を買いました


その日 ほとんどの会社やお店は2時頃で終了
交通機関は中心部では全く動かず
また 一切の交通の流れが止められたために
多くの人が何時間もかけて 徒歩で帰宅したそうです


テロばかりは いくら用心しても
避けられるものでは ありません・・・・


ロンドンは 今 がんばって テロの傷から
立ち直ろうとしています

でも きっと あの日の事は皆忘れないと思います




D君はその日の朝地下鉄に乗る予定だったので
心配して何度も連絡を取ろうとしたんですが
まったく 携帯がつながりませんでした


やっと つながったときに






「今 家でアイス食べてる」って・・・・




ったく もう!!


[PR]

by zuppinalondon | 2006-03-23 07:52 | ロンドン生活

ロンドンの治安について その2


昨日に引き続き 私の周りで起きた犯罪

ロンドンではスリや置き引きは日常茶飯事


私は親戚を連れて 3回程海外旅行をしたことがあります
そのうちのアメリカ東海岸珍道中は
私の英文ブログでお話しました


今回はロンドンでの出来事をお話します

まずはメンバー紹介から

私の母
妹のTちゃん
伯母 Mママ
伯母 Sママ
そして今回の主役 Sママの旦那さんの Sパパ

今回の旅はロンドン・パリを ユーロスター1等車で結ぶ
というのがメインテーマでした

とりあえずホテル、航空券そしてユーロスターの切符に
空港からホテルまでの送迎付きのツアーを申し込みました

ある年の10月ロンドンヒースロー空港に到着した私たち一行
送迎の係りの方にホテルまで連れて行ってもらいました

ホテルは小さいけれど、まだオープンしたての
プチホテルといったカンジで とっても素敵でした

まずはチェックイン

もちろん ウチの伯父・伯母
自分で宿泊者用カードに記入なんて全くする気なし
はなっから私を頼っていました

一人に付き一枚のカード Tちゃん以外の全員の
住所・氏名・電話番号・パスポート番号等を
ホテルのロビーにて、私一人で記入

ふと気が付くと

あれ?2人いない・・・・・・

Sパパと Mママは飛行機の疲れか ちょっとウトウト
妹のTちゃんはガイドブックを見ていました

Tちゃんに

「ねえ ねえ、うちの母さんと Sママどこに行った?」

と聞くと

「えーっ 知らない」とのツレナイ答え



しばらくすると 2人が たくさん果物を持って帰ってきました



「モーッ!どこ行ってたの!?」


「外に出てフラフラしてたら 果物を売ってる店があったからさぁ」

英語も全く出来ないのに この人達 妙に鼻が利くんです
初めて来た外国の街ですぐに買い物をするとは・・・

その後それぞれの部屋に入りいったん休憩

Sママ・Sパパで一部屋
母とMママで一部屋
私とTちゃんで一部屋です


時刻は夜 皆のお腹も空いてきました
ホテルの周りで何か食事をしようと 外にでました

ホテルはロンドンでも高級といわれる地区にありましたが
ほんの少し行くと 危険な地区があることに気が付きませんでした


ホテルを出て 何となく散歩がてら皆でレストランを探していました
なかなか良さそうなお店はありません・・・

あきらめてホテルに帰るか・・・・
と 歩き出した瞬間

Mママの

「オイ!泥棒!!」

の声

振り返ると 男が走り去って行くのが見えます


「どうしたの?」

「Sパパのカバン盗られた!」

「エーーーーーッツ!」


とりあえず その男を追いかけました

ロンドンの街に6人の老若男女が全力で走っている姿は
かなり奇妙だったと思います

皆 口々に「待てー!」とか言っていましたが
良く考えれば 相手は外人 通じる訳がありません


まだその男の後姿は見えています


突然その男が細い道に逃げ込みました


そこでTちゃん 学生時代は陸上の選手だっただけあり
ギアを変えて 猛ダッシュ!

どんどん私達から離れていきます

でも 夜も更けて、人通りもほとんど無い道でしたので
Sパパ・Sママも 「もう 危ないから やめてぇー!。」


おまけにジジ・ババはもうバテバテです


諦めてホテルに戻りすぐにフロントの人に
「今 この近くで バッグを盗られました」
と報告すると すぐに警察を呼んでくれました

またホテルのマネージャーが興奮しているSパパを気遣って
ブランデーを出してくれたのです


警察官が2人来て 早速いろいろと質問されました

通訳はもちろん私です


「まずは 何を盗まれましたか?」

「パスポートと・・・」



ギョッ!


なんでパスポートなんて持ち歩いてるの??
セーフティーボックスにいれろ!って言っておいたのに!!!



盗まれたのは パスポート、現金2、3万円
ホテルの鍵 そして一番Sパパにとって 悲しかったのは
毎日欠かさず つけていた小さな日記手帳


それには自分の思った事や 世の中で起きた事など
Sパパの日々の思い出が詰まった手帳だったのです


警察官の質問は続きます

「犯人はどんな男でしたか?」


私とTちゃんはあまり良く見ていなかったので
他のメンバーに尋ねると

Mママ
「背が高い黒人で デニムジャケットを着ていた」

Sママ
「違うよ、背が低くて 黒い上着を着てたよ」


あら?


Sパパ
「覚えてない・・」


あららら・・・・?


みんなそれぞれ言う事が違います
でも辛抱強く 話を聞いてくれる お巡りさん

なんとか被害届を出し お巡りさんにお礼をいい
周りをみまわすと・・


いない・・・・



私とSパパのみ残して 他のメンバーが消えているではありませんか!

どこだ?どこにいった??


さっき 飲んだブランデーのせいで
酔っ払ってしまった Sパパ
もともとお酒飲めない上に 興奮と空きっ腹で
更にダブルパンチ!

Sパパを引きずりながら ホテル中を探しました

そしたら・・・

見つけました!!



あの人たち ホテルのレストランでご飯食べていたんです!!

私達を見ると


「なんか ホテルの人のおごりだって。色々頼んじゃった。
あんた達も 食べる?」



キキーッツ!!!


あの時は本当にムカツキました!





ロンドンでは
Mugging(マギング=引ったくり)
はよくある犯罪です

とくに自転車に乗った子供が カバンや
携帯電話をひったくる事が多いようです

私はスリに遭って以来 バッグは
斜めがけのボディーバッグを使っています

格好よりも 安全が第一ですから










[PR]

by zuppinalondon | 2006-03-22 07:50 | ロンドン生活