疲れてます・・・(愚痴)

うーん 毎年この季節かなり疲れが出る私なのですが・・・

今年の夏はいつもの何倍も疲れがたまっております



実は今年に入ってから昇格してしまい マネージメントチームの一員となってしまったのですが・・・



うちのマネージャーのMおばさんが全く使えない人で(一緒に働く人全員から嫌われています・・)彼女が仕事を出来ない分 私達に仕事をおしつけるのです



マネージャーとしてのお給料をもらっているんだったら それなりの責任と仕事をしてほしいのですが 何せ彼女はあまり回転の速い方ではないので 難しいことができないのです


そのくせ口だけはうまいため うちの会社のCEOに気に入られており 誰も彼女をクビにはできません


今私は とあるプロジェクトのリーダーとして お客様対応から、データ管理、注文、在庫管理まで全て一人でやらなければいけないのですが セール期間でもあるために ショップフロアーも手伝わなければならないのです


しかし・・


Mおばさん、自分を頭数に入れていないために 例えばお店におばさんを入れて5人働いていたとすると・


「あーーーーーーー!!人が4人しかいない(自分入れれば5人だろうがぁー??)!!! Zuppina!! すぐにお店に出て頂戴!!!!」


・・・ってパニックになっちゃうんです



そして 嫌なお客さんは他の人にまわして 自分は新人バイトの人でも出来るような簡単な仕事しかしようとしません


お店のコンピューターが壊れた時もITヘルプデスクに電話するのはいいのですが 相手が出るとすぐに・・

「あっつ!今 Zuppinaと代わるのでよろしく!」


・・・って電話を私にまわすんですよー!!

別に言われたことを そのままメインのサーバーがあるPCでやればいいだけなのに!!



でも Mおばさんって イギリスで生まれたって言ってるけど(中近東系ですが)はっきり言って英語もきちんと書けないし お客様の言ってる事も聞き間違えるしで 本当に頼りにならない人なんです



おまけに おばさん判断力が鈍く 物事の優先順位のつけ方が完全に間違っているのです



うーん・・私は生まれてきてこのかた こんなに頭の悪い人は見たことがないです

(・・・同僚達も皆口をそろえて 同じことをいいます)




いやー 本気で転職考えてますよ

だって こんなマネージャーと働きたくないし また そんなマネージャーをキープしている会社も嫌だなぁー



彼女のせいで何人もの優秀な社員が辞めていきました



超イケメンのT君もその一人です・・・


彼は仲良しのお友達だからいつでも会えるけど やっぱりチームワークで乗り切ってこれた仕事なので チームが壊滅状態だと 私も今ひとつやる気がでません



日本の母も D君のママも もううちの商品山程もっているので もういらない!って感じなので もっと条件のいい仕事を探します




あー・・胃が痛い!!


[PR]

by zuppinalondon | 2008-07-30 03:55 | Zuppinaの毎日

家族が来た-その2! オックスフォード観光

f0102613_182314.jpg

先月の中旬 うちの母、妹のTちゃん、叔母と私達夫婦でオックスフォード観光に行ってきました



オックスフォードといえば ケンブリッジと並ぶ有名大学でご存知の方は多いと思いまスが ロンドンから電車でも1時間くらいで行ける観光都市です




今回もまた いつもお世話になってる「マイバスツアー」(ロンドン三越さんの地下にオフィスがあります)で「オックスフォード、ストラットフォードとコッツウォルズ一日観光」というツアーを申し込みました



実は 家の母と妹は以前もイギリス観光をした際に同じツアーに参加したのですが よほど前回の印象が良かったせいか 今回も同じコースを希望



当日 母たちは三越前で集合し 私達夫婦はヴィクトリアグリーンラインスティションで合流しました


どうやら日本人の観光客数があまり多くなく 今回は外国の方たちとの乗り合い 合同運行のようです


バスの中では日本人のガイド・ミッキーさん(れっきとした日本人の紳士)がイヤフォーンガイドを使って日本人用に説明する中 他の外国人観光客の方達と私達夫婦は英語ガイドの女性の方の説明をイヤフォーンで聞くという 不思議なツアーでした



まずは一路オックスフォードへ



バスを降りたら 日本人組と英語ガイド組に分かれて それぞれの観光です

(D君は日本人組について来てくれました!)



ハリーポッターの映画の撮影の際にロケ地として使われた「クライストチャーチ・カレッジ」



ホグワーツ(ハリーたちの学校)の内部はここで撮影(食堂はそっくりに作り直して撮影)されたそうです
f0102613_2182085.jpg

この階段は ハリー達のクラスを決める組み分け帽子のシーンが行われた場所です



またこのクライストチャーチカレッジは「不思議の国のアリス」で有名な ルイス・キャロルも通っていたそうですよー


街全体として 大変品の良いエリートな香りのする所でした




途中のランチは決められたパブでの昼食でした

多分 観光でおみやげ物屋さんに連れて行かれるように このパブもツアー会社と提携しているのでしょうが バスの中でメニューをあらかじめいくつか指定されて注文をとるとのことでした




でも メニューがあまり美味しそうではない事と 値段がかなり高く設定されていたので 私達は自分達で注文するからいいですと お断りをしました


これは断って大正解!!

だって 他の人たちの3コースメニュー(約2500円)の量の多さと 内容のお粗末さを横目でみながら D君はバーガーセットと私達は「スープ・オブ・ザ・デイ(日替わりスープ パン付)」で十分おなかいっぱいになりましたし金額も半額以下ですみましたもの


他の参加者の皆さん(外国人含む)ほとんどが 半分以上食べ残していました

とにかくお腹もいっぱいになって満足!!




そのあと 私の以前の日記でもご紹介した イギリスでもっとも美しい地方「コッツウォルズ」は車窓からの観光


そして イギリスといえば偉大なるシェークスピア!!

彼の奥様の「アン・ハサウェイ」さんの実家と シェークスピアの生家を訪れました



茅葺き屋根の大きな家です
f0102613_2413884.jpg

シェークスピアの生家の隣が「シェークスピア・ミュージアム」になっていて そこから入って シェークスピアの家に抜けられるようになっています


散々観光をしたせいか のどが渇いてきた私達


ガイドのミッキーさんが教えてくださった シェークスピアの家の向かいにあるジェラート屋さんで全員ジェラートを買って食べました





アイスを食べながら うちの母が一言


「あら?あそこに古い家があるけど あれは何なのかしらぁー??」


「・・・・・・・( ̄_ ̄|||)・・・・・・・」


今 出てきた シェークスピアの家なんですけどぉ・・・




とりあえず ご一緒させていただいた日本人の観光客の皆さんもなかなか楽しまれた様子


ランチは軽く食べただけなので 夜はD君のおごりで全員でロンドン市内の韓国料理屋さんで美味しい夕食を食べました



この次の日はロンドン観光が待っているのでした・・・

[PR]

by zuppinalondon | 2008-07-30 02:03 | イギリス観光

家族が来た!!!!

f0102613_1461162.jpg

なんだか日本は暑いようですねぇ・・・゚.+:。クラ(@O@)クラ゚.+:。


そういえば去年の夏 日本に帰って大変な目にありましたっけ・・

(毎日気温が35度以上で 脱水症状&帯状疱疹で病院通いしました(;≧皿≦))



ロンドンは毎日涼しいですよぉー

朝なんて 寒いのでジャケットが必要なくらいです


でも これが普通のロンドンの夏の気候で 各家庭にセントラルヒーティングは完備なのに 冷房が全くないのがうなずけます


なので ここ数年の異常気象による 真夏の陽気はイギリス人にとっては異常で かなり辛い夏だったのですが・・・


また今年はいつも通り!! 涼しくて 夏って気がしません!!!



そんな快適なロンドンに 先月中旬 私の母、妹、叔母が来ました



昨年の12月に足の骨を折ってしまって 1月にロンドンに来る予定を変更せざるをえなかった叔母を母と妹のTちゃんが連れて来てくれたのです




ロンドンのベストシーズンは6月だなぁって思います

お天気も乾燥して爽やかな初夏って感じだし、なにしろ日が長い!!!

夜の10時近くまで外が明るいので つい夜遊びしたくなっちゃいますよー



飛行機とホテルは日本から予約を入れて取ってきてくれたので 送迎 観光については私とD君の担当です



日本とロンドンの直行便は12時間

JAL ANA 英国航空 そしてヴァージンアトランティックのいずれかを選ぶ事になります


私も 私の家族もイギリスに来るならヴァージンが一番すきかなぁー!??


まずはフライトアテンダントが親切で感じがいいのと シートも心なしか広く 食事がお肉 魚 和食 そしてヴェジタリアンと4種類から選べる 間食のサービスもあり


そんなんで 今回はヴァージンアトランティックでヒースローに到着しました




私たち夫婦は車を持っていないので 3人を迎えに行ってホテルに連れて行くのは 何が一番いいのかを考えなくてはいけませんでした


選択肢はいくつかありました

1.地下鉄 - 乗り換えや大荷物のことを考えるとこれはちょっとキツイ

2.コーチ - シャトルバスですが バス停からホテルまでの移動を考えると3人分の荷物もあるし これも無理

3.タクシー - 私たち2名と他3名 そしてスーツケース3個は一台では難しい


ということで・・・


4.シャトルバン(dot2dot)・・・・に決定!!!

これは 偶然 ナショナルエクスプレスというシャトルバスの会社のホームページで見つけた 新しいサービス


これは前もって予約(または 当日空港で申し込んでも大丈夫そうです)しておくと 少人数用の乗り合いバンが空港から それぞれのホテルまで乗せていってくれて 帰りもホテルまでピックアップ そして 空港へ連れて行ってくれるというすばらしい新サービス


空港の到着ゲートの近くにカウンターがあるので そこに行って予約番号等を伝えるとバンが待機していて ホテルの前まで乗せていってくれます


バンも綺麗で 荷物も全部積んでくれるし 時間も正確で大満足なサービスでしたよー


なので個人旅行の方も結構これ使えるかも!!




まずは無事にイギリス到着し ホテルへ3人を送り届けました



そして お土産をたーーーーーーーーーーーーーーくさん持ってきてくれたのはいいのですが・・・





∑(O_O;)Shock!!





なんと お米20Kgも持ってきたんです!!!!

その他 3人のスーツケース4分の3と手荷物の殆ど全てが私たちへのお土産(主に食料品)だったのです!!!(゜ロ゜)ギョェ




「これは滞在中に何回かに分けて持って帰らないと 持ちきれないよぉぉぉ・・!! (屮゜Д゜)屮 」

・・と 嬉しい悲鳴をあげた私達





今回の母達の渡英の目的は私に着物を着せてバッキンガム宮殿で写真を撮る事






オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!





いやぁーーーーー!!!!!!!!!!!嫌!イヤ!いやだぁーー



なんでそんな恥ずかしい事を考えるのでしょうか??

もちろん 着物は日本が誇る民族衣装ですが・・


まぁ はっきり言って日本人が思うほど 外国の方達は着物に興味はないです


それは 私達がアフリカの方の民族衣装を見て「あー!あれ着てみたい!!」とか思わないのと一緒ではないでしょうか?





それでもうち母の意志はダイヤモンドよりも硬く 日本から前もって振袖をロンドンへ送ってきたのです


私は子供の頃から日本舞踊を習っていて こうみえても名取なんですよぉ

なので着物は着慣れている方なんですが


やっぱりロンドンで着物ってなんか恥ずかしいぃぃぃ!!



でもどうしてもD君のパパとママに見せたいとの母の切ない願いなので・・
f0102613_3237.jpg

着ましたよぉ・・バッキンガムは流石に行きませんでしたけど


パパとママはすごく喜んで「家の娘が一番綺麗だ!!!」って言ってくれました

ヾ(*・ω・)ノ゜+.゜★ィェィ☆゜+.゜ヾ(・ω・*)ノ



そして ドタバタ滞在記はまだ続くのです・・

[PR]

by zuppinalondon | 2008-07-21 03:08 | Zuppinaの毎日

憧れのパーラー潜入記

f0102613_2249859.jpg

またまたお久しぶりでございます

仕事でドタバタしたり、先月は日本から家族が来たりで、何かと忙しい毎日のZuppinaでございます


ブログに書いておきたい面白話しも沢山あるのですが 色々ありすぎて夏休みが取れたらまとめて更新しようかなぁー・・・って思っております




さて 以前の日記「ロンドン無料新聞のススメ」でも書きましたが ロンドンでは毎日フリーペーパー(無料のダイジェスト新聞)が道で配られています。最新のニュースからスポーツ、グルメ、映画情報までがまんべんなく載っているこれらの新聞は非常にありがたく 通勤時の友と呼びたいくらいです。


先日そのうちのひとつの新聞に「一度は食べたいパフェ特集」(ちょっと脚色してタイトルを私風に変えました・・)というのがあって ロンドン市内でお勧めのパフェが食べられるお店の紹介がありました。


ロンドンって 日本で良くみかけるような喫茶店があまりないんです

「カフェ」って名前の場所は沢山ありますが どっちかっていうと軽い食事をする場所って感じなんですよねぇ


なので パフェなんてロンドンで食べるのは無理!って思っていたんですが・・・



ありますねぇー・・結構 ピーチメルバだの チョコレートサンデーだのを食べられるところが!!



そのうちのひとつが 元マネージャーのオカマも大好きな「ふぉーとなむ&めいそん」のパーラー


「うわーーーーー!!!おいしそうだなーーーー」なんて 新聞の写真に釘付けになっていたのですが・・・


その数日後にお友達のNちゃんが「パーラー行こうよ!」って偶然にも誘ってくれたのです

実はNちゃんは「ふぉーとなむ」で働いているので なんとスタッフ割引がきくのです!!!



そんなんで・・・

先週の金曜日に仕事を4時で終わらせて 急いでNちゃんと待ち合わせの「ふぉーとなむ」へ



「ふぉーとなむ」は全館改装も終わり 現在は売り場もゆったりした感じになっています


そして お目当てのパーラーレストランはファーストフロアー(日本式の2階)にありました



夕方だったのであまり混んではいませんでしたから すぐに席に案内されてメニューに目を通す私とNちゃん



「( ̄□ ̄;)!!・・・・・・・」




あのー・・・ メニューのお値段を見て びっくらこきましたよぉーーー!!!



いやぁー 高いだろうとは想像しておりましたが まさか たかがパフェ一個にこの値段!????



最初の写真はNちゃん注文の「なんとかパフェ」(名前完全に忘れてます・・・・( ̄_ ̄ i)タラー )

リキュール系のアイスが入ったフルーツパフェみたいなやつです




お値段なんと 12ポンド!!!(約2700円) (・・;)


ちなみに 私が注文したのが・・
f0102613_5192172.jpg

「クルミとコーヒーのアイスのパフェ」(ちなみにこの名前も私が記憶を元に作り上げました (・Θ・;)アセアセ…)


これは 9ポンド(約2000円)



そして紅茶も注文 4ポンド(約900円)


紅茶はポットで来て かなり茶葉たっぷりの濃い目の紅茶でした。3杯は飲めたかな?そして ポットが空になったころに熱いお湯をウェイターのお兄さんが持って来てくれるサービスの良さ!!



パフェはアイスが4個に生クリームとナッツがたくさん!!本当に美味しかったぁーーー



ものすごーくボリュームがあり その日は夕飯が食べられませんでした

(紅茶も4杯くらい飲んだしねぇー (^▽^;))




いやぁ・・ そして Nちゃんったら・・

「あっ!今日はいいよぉー・・ いつも来たかったけど一人で食べるのが恥ずかしかったから誘ったのぉ。だから 私がおごるねぇー」



・・って全部払ってくれたんです!!!


なので わたしも気持ちだけ・・

ウェイターのお兄さんにチップはずみました ('-'*)エヘ




帰ってから うちのD君に写真をみせたところ・・・


「アー・・・チョー オイシカッタネェー」


・・・・って変な日本語コメントでうらやましがられました



うーん 今度はD君も誘うからね!お給料日に行こうねー!!(Nちゃんも一緒に・・・( ̄ー ̄)ニヤリッ )


[PR]

by zuppinalondon | 2008-07-19 05:34 | ロンドングルメ