母さん・・・事件です!

f0102613_20453253.jpg

昨日 8月25日月曜日はバンクホリデーと呼ばれるイギリスの休日でした

土・日・月と3連休の最後で皆ゆっくりと一日を過ごそうと思っていたら・・



朝6時半頃に「キキーッツ!!!!!!!!!!!!!!」というものすごい音


そしてその後に・・・


「ドーン!ガッシャーン!!!!!!!!!!!!」と地響き



D君と私はすぐに飛び起きて 窓の外を見ました

「絶対に車が衝突した音だよね!??」



でも道を見てもそれらしき車も ぶつかった形跡もありません

「あれ?何もないよ?それに多分もうぶつけた奴は逃げてるよ・・」

・・・・とD君




「えーーーーー!!??ありえない!!事故を起こしておいて逃げるなんて!??」

なんか この国って・・そうなんだぁ??



でも 私はもう一度窓の外を見回してみました

ついでにウチのまん前に停めてあるD君のママの車も何気なく見ると・・・






エーッッ!!Σ(゚ロ゚ノ)ノ系!!!!!!!!!!!!!!!!









最初に私が叫んだ言葉は

「ママの車が!!ママの車がやられた!!!!!!」




道路にはバンパーが外れたママの車が・・・

そうして 急いで義理の兄ジャイアントFの部屋に行き

「ママの車がぶつけられた!!!!起きて!!!」


と兄を起こし・・


一階に走って行きました



ママは音がしてすぐに一階の窓から外を見たそうです

その時すでに ぶつけた車は逃げた様子・・


近所の人たちもワラワラと外に出てきました



私とママも外に出ると


誰かが「あっつ!あいつだよ!あいつが車を運転してた奴だ!」

と叫ぶ声





見ると車を乗り捨てて 歩いて逃げる黒人男性の姿が・・

近所の人が追いかけて話しかけています


ママも犯人に「エクスキューズミー!ちょっと待ちなさい!!」

と叫んでいます




すぐに義理の兄に「犯人が逃げる!早く!!早く行って!!」と叫ぶ私

(義理の兄は身長190cm以上の大男で見るからに強いんです!)



兄がゆっくりと外にでて行った時には既に犯人は逃げたあとでした



でも車は少し先に乗り捨て

多くの目撃者もいました
f0102613_2155535.jpg

f0102613_21114100.jpg

どうやら ウチの車とお隣さんの車の間に突っ込んだ様子で お隣さんの車の後方部分はつぶされていました


ぶつかった衝撃でお隣さんの車を前に押し出す格好になったみたいです


なので お隣さんの前に駐車してあった車もテールライトが壊れてしまいました


そうして 犯人の車がこれ!
f0102613_2192439.jpg

BMWです

エアーバッグが両方とも出ています

そして 煙が中に充満していました



おそらく盗難車ではないか?と近所の人たちが言っていました


私は証拠写真を撮るために 撮影していると 近所の人たちが皆「あなたの車がやられたの?私 犯人見たわよ!」と寄ってきてくれました


ママは保険会社に申請のために 目撃者の方達の名前をメモにとりました




そうして警察に連絡すると・・

なんと・・

「そんなマイナーな事故は警察では扱いません!」

・・・って言われたそうです!!!



あのー 日本だったら こんな事故が起きたら10分位で警察が来ますよ!

犯罪・事故が多発するロンドンだからでしょうか???



でも ママも負けていませんでした

「マイナーな事故ってねぇ・・犯人はぶつけた車を道に乗り捨てて逃げたんですよ!ウチの車以外も2台やられているんです!マイナーな事故ではすまされないでしょ!すぐに誰かを呼んで頂戴!!」


・・・とものすごい剣幕でまくし立てました



すると 待っている間に近所の人から連絡が!!

「犯人がタクシーで戻ってきて 車を取りに来たけど 車が動かなかったらしくて 諦めて自分のバッグを車の中から取ってまた逃げた」



(゚д゚ノ)ノ ヒィィ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



信じられません!!

なんかロンドンって・・・

イギリスって・・・



いやーぁ・・日本がきちんとし過ぎているだけでなんでしょうねぇ

モラルが高いっていうか・・

責任感があるっていうか・・


本当にこの国に住んでいると 何て日本はいい国なんだって思いますよ






その後で・・来ましたよ・・・警官が一人・・・


連絡してから1時間半以上過ぎてから ふらリと・・


まぁ盗難車である可能性が高いということと 犯人が保険に入っていない可能性が高いって事で ママは自分の保険から修理代を出すことになりそうです




ちなみに犯人の車は警察官がどっかに連絡してから5分で牽引されていきました

なんか 怖かったなぁー



でも 誰もけが人が出なくて良かった・・

それだけがせめてもの救いです。

[PR]

by zuppinalondon | 2008-08-26 21:25 | Zuppinaの毎日

ロンドン・カラオケナイト!

f0102613_23204840.jpg

まずはオリンピック競泳の北島選手2冠おめでとうございました!

いやー すごいなぁー・・

なんだか同じ日本人としてすごく誇りに思いますし 嬉しい!!

こっちのニュースでも「前代未聞のダブル-ダブル(2大会連続の2金メダル)」って大絶賛です

人に誇れるものが何か一つあるって素晴らしい事ですよね

私もどんな小さい事でもいいので、何か頑張りたい!・・・

そう思いました






さて・・・


冒頭のお酒は北島選手金メダルおめでとう!・・って訳ではなく

夕べ 食べ仲間総勢12名(私とD君含む)でお食事会に行ってきました
f0102613_23345891.jpg

場所はチャイナタウンから程近いソーホーにある和食のお店「EAT TOKYO」

ロンドン北部のゴルダース・グリーンにもお店があります


以前同じ仲間でそっちに行っていたのですが ちと遠いんですよねぇ


そうしたらソーホーにも支店がオープン!

それ以来 かなり足繁く通っております



ここはロンドンの和食にしては かなりリーズナブルで美味しい

外国人のお友達にも大好評のお店なんです


食事をすると次回用に割引券をくれますので ついつい行っちゃう!


夕べも12名と大人数でしたので 個室のカラオケ部屋をリザーブしていただきました
f0102613_2323316.jpg

最初は「カラオケなんて!」・・と言っていた外国人友達達

(超イケメンのT君は真剣にメニューを見ています!その横顔も美しい・・)



画面では勝手にいろんな曲が流れています

さすがに「めだかの兄弟」(わらべの歌)が流れた時は 一同「 What the?(何だコリャ?)」って感じ


私とお友達のAちゃんが ちょっと口ずさんでみると 皆から笑われる始末



そのうち自分達の好きな歌をリクエストし出して・・・

なぜか注文の食事が来る前までには 少しずつ歌いだしちゃいました




D君は絶対に歌わないだろうなーって思っていたら ちょこっと皆と一緒に口ずさんでいましたよぉ



日本酒を一人飲んでいたJ君 お酒がまわったせいかマイクを持ち歌っています


まぁ イギリス人はちょっと恥ずかしがり屋さんが多いので お酒でも入らないと絶対に歌えないでしょうねぇ


今回は私とD君 食べる方に専念しましたので 次回は歌いたいなーと思います



ちなみに 私は「牡蠣フライ」と「ご飯」、「さば握り寿司」はD君と1つずつ注文

D君は「W照り焼き弁当=鮭とチキンの照り焼き」と「焼き餃子」

飲み物はD君コーラと私は皆で分けた「梅酒」


それで2人で20ポンド(約4500円)

ロンドンって日本の物価の倍ですから ものすごーく安いです!!



D君も初めて食べた牡蠣フライ 美味しいって喜んでいました




帰りに道にぬいぐるみが???・・・


・・・って思ったら チャウチャウ犬!!
f0102613_014779.jpg

D君が「アッ!カワイイ!!!ミテミテ!!」


でも このワンちゃん微動だにせず・・


「動かないねぇー・・・」

D君は

「ほら、おとなしいから撫でてみれば?」

・・・って言うけど いつ動いて「ワン!」って吼えられるか分からないので 遠くから写真を撮るだけにしました


フワフワで本当にぬいぐるみみたいだった・・・




EAT TOKYO

Romily Street
Soho
London
W1D 5AL


*行き方*

最寄り駅 地下鉄ピカデリーライン レスタースクェアー駅
Charing Cross RdからShaftesbury Avenueに左折し2本目の通りFrith streetを右折し、1本目のRomily streetを右折 道の左側

*隣のお店も偶然か 和食のお店です そっちも今度行きたいなぁー

[PR]

by zuppinalondon | 2008-08-15 00:20 | ロンドングルメ

末永くお幸せに!

f0102613_19583181.jpg

ある日 うちの郵便受けに私とD君あてのお手紙が入っていました

差出人は封筒には書いてありませんでした




「あれ?二人宛?・・・・


そして この字 ものすごーく見覚えがあるんだけど??」




封筒の中にはカードらしきものがあったので 取り出すと・・


パラパラパラパラ・・・




(;-_-;) ウーム




真っ赤なハートのコンフェッティが沢山出てきて絨毯の上に散らばりました・・





「オカマ(元マネージャー)だな こりゃ・・」


こんな乙男(オトメン)なことをするのはオカマしかいませんもの





以前からオカマとハズバンドは知り合ってからちょうど10年の8月に結婚式をあげるとは聞いていたのです



いやー 私とD君も今年結婚しましたが オカマ達もついに法的に夫婦(夫夫?)になるんだなーと ある意味感極まる思いがしました (ρ_;)ウルウル




イギリス人の結婚って・・特にゲイのカップルの結婚って初めての事だったので ちょっと興味深々



お祝いはどうすればいいのかな?

服装は?

前もって何かしてあげた方がいいのかな???




などなど疑問が生じましたが・・・



オカマとハズバンドは自分達の結婚のサイトを立ち上げて そこに全てのインフォメーションを載せてありました


そしてお祝いに関しては・・

「あたし達は 何もプレゼントはいらないの。皆がその日にお祝いしてくれることが 最高のプレゼントでぇーす! でも もし何か気持ちだけでも・・・って思ってくれる人がいたら・・ ギフト登録してあるのでヨロピク!」

・・・ってなっていたので その登録されているギフトカタログサイトに行ってみると・・



二人が登録してあったギフトは「ハネムーン代金」

一口が25ポンド(6000円弱)で それをプレゼント代わりにするってもの



人によっては 様々な商品を登録するブライダル・リストってのもあるけど オカマ達はお金持ちだし 同棲生活も長いから物はいらないんだなぁーって思いました



なので私もハネムーン代金をお手伝い!


これでお祝いはOK!!






そして土曜日・・・

D君は突然の仕事が入ってしまい 私一人で行くことに・・



でも 仲良し仲間達が一緒に参加なので別にいいや!

私達は夜のレセプション(といっても2次会みたいなものでしょうか?)から参加



イギリス式に自分の飲み物は自分でその場で買う!

そして食べ物は基本的には 軽いおつまみ系しかでない!



私の家は会場からバスで20分しない位のところでしたので 家で軽く食べてからいきました
f0102613_0352895.jpg

いやー 会場のテーマは「てんとう虫」でしたよ

可愛いカップケーキにもてんとう虫がいるし 風船もてんとう虫



英語でてんとう虫を「レディー・バグ(オネエ虫)」って呼ぶんです

どうやら てんとう虫には「オカマ」って意味があるようなんです・・




そうして元マネージャーのオカマとハズバンドの泣かせるスピーチ


二人はこの10年間 文字通り苦楽を共にしてきた同志



いくらゲイが容認されているイギリスでも やはり差別や嫌な目にあった事も多かったようです


そして ハズバンドは大変優秀な方でものすごーく高収入で地位のある職業についているのですが その職に就くまでの間 オカマが二人の生活を支えて頑張ってきた経緯があるために今回の結婚は嬉しさひとしお!


「私達が生きてる間に ゲイ同士で結婚できるようになるなんて思っても見なかった」

・・・・・


本当に良かったねぇ


そうして小雨模様の寒い寒い中(8月なのに!!!!)皆で観覧車に乗りに行くことに・・
f0102613_0523057.jpg

テムズ川の向こうの綺麗な夜景を見ながら幸せなカップルの誕生を皆でお祝いできて良かったなぁ




なんだか またD君と結婚式をやりたくなっちゃいました!!

(。-_-。)ポッ




P.S. 北島選手の金メダルすごかったですねぇ!感動をありがとう!!!


[PR]

by zuppinalondon | 2008-08-12 00:56 | お友達

恐るべし!M&S

f0102613_20213239.jpg

これは昨日 うちの夫D君が仕事帰りに買ってきてくれた イギリス好きなら誰もが知ってる「M&S(マークス&スペンサー)」で売ってる「ベルジャン・チョコレート・チーズケーキ」です


M&Sは食料品に関しては高級で まずハズレがありません!!

(あれだけ値段が高けりゃ何でも美味しいわなぁ・・・)




そして このチーズケーキ本当に美味しいんです

\\( ⌒▽⌒ )// バンザーイ



以前 同僚のYさんが職場に持ってきてくれて食べたのが初めての出会い

もう 精神的 肉体的に疲れた身体にはピッタリの癒し系ケーキ!



あまりの美味しさにしばらくは このケーキが頭から離れなかった程




見た目がチョコレートケーキですが 実は真ん中の部分がチョコ入りチーズケーキで 一番上のリッチなチョコクリーム?チョコペースト?との相性も最高!


イギリスのケーキにしてはかなり小さいのですが ものすごーく濃いので この量で十分満足できます



時々 異常に甘いものが食べたくなった時にはこのケーキ!!





今週はじめあたりから 丁度これが食べたくなっていたので・・

「ショコラーティー♪、ショショ ショコラーティー・・・♪」

        ♪~(T▽T~)(~T▽T)~♪




・・・と 変な曲をつけて ずーっとD君の耳元で歌っていたら・・・


「・・・・ナンダソレ!? (゜Д、゜)」


と 変な日本語で尋ねられたので・・・


「M&Sに美味しいチョコレートチーズケーキがあってねぇ・・Yさんが 前にくれてねぇ・・・」


「・・・・・(*°ρ°) ボー」




「そういえば D君会社の帰り道にM&Sあるよねぇ・・・」


「・・・・・|(-_-)|キコエマシェーン・・・」



「ショコラーティー♪、ショショ ショコラーティー・・・♪」

        ♪~(T▽T~)(~T▽T)~♪

「ショコラーティー♪、ショショ ショコラーティー・・・♪」

        ♪~(T▽T~)(~T▽T)~♪

「ショコラーティー♪、ショショ ショコラーティー・・・♪」

        ♪~(T▽T~)(~T▽T)~♪






そして 夕べ仕事から帰ったD君が・・・

「Close your eyes!(目瞑って!)」

・・・・と何やらゴソゴソとしていると・・

f0102613_20475472.jpg

やっぱり買ってきてくれました!!



本当はホールケーキ丸々一個でも売っていて そっちが買いたかったけど D君の行った時間帯はもうホールは全部売り切れていて2個入りしかなかったそうです。



このケーキはしばらく病みつきになりそう・・・

(なんたって 今精神的に疲れていますので 甘いものが食べたくてしょうがありません・・)


ありがとうD君!!!!!!!!!!!




明日は元マネージャーのオカマの結婚式です

D君と共に招待されました


後日レポートしまーす!

それでは皆様良い週末を (_´Д`) アイーン

[PR]

by zuppinalondon | 2008-08-08 20:55 | ロンドングルメ

人間ドッグに行った事

f0102613_191655100.jpg

昨年の夏 日本に一時帰国した際に生まれて初めて「人間ドッグ」に行ってまいりました



猛暑と時差ぼけ、ストレス等が重なったせいか かなり体調が悪かった私ですが・・

帯状疱疹にもなっちゃったしなぁー)

母の強い勧めで予約を入れてみました



国民健康保険に入っている人だと 市の助成金がでるようで自己負担は半額分位らしいですよ


でも私は海外在住なので 一時的に母の保険証に名前を入れてもらっただけなので助成金は受けられず 自己負担になりました



たしか全部で5万円位だったかな???(食事付)



予約を入れたのが ホテル内にある病院!!

豪華ですねぇーーー



どこの病院でも 金額が同じ位でしたので どうせなら綺麗な場所で!

・・・・って事で このクリニックを選びました




朝からの予約でしたので もちろん朝食は抜き

基本的な診察・検査に加えて 子宮検診、腹部エコー、胃カメラ、乳がん検診もやりました



まずびっくりしたのが・・


身長が伸びていました!!!!!!!!!!!!


高校生位から 成長がぴたりと止まって 自分では155.5cmから156cm位だって思っていたんですよ


そうしたら・・・


156.8cmになっていましたぁぁぁ


いくつになっても身長って伸びるんだなぁー

(その後 イギリスでも身長を測ったら156.8cmでした!!)



「私って約157cmってことぉ??」

「じゃあ 四捨五入で160cm????」


・・・ってだんだん自己申告身長が伸びちゃいました



これは身長が低めの人にしかわからない 嬉しさです

ちょっとでも身長が高くなると すごく自慢したくなります




そのあとエコー、子宮検診(女医さんでしたよー)、乳がん検診(機械でやるやつ)、眼圧の検査などなど・・・



そして一番恐れていた「胃カメラ」検査


日本に帰ってから胃がずーっと痛くて 絶対に胃潰瘍だ!って思っていたんです

もともと胃が丈夫ではなく 小さい頃から胃が良く痛くなっていたんですが・・




胃カメラ・・・皆さん経験済みでしょうか?


まずは喉に麻酔 - これはスプレー式のもので喉の中を麻痺させる感じでした そして なんか別のお薬式麻酔を口に含んで数分・・これ苦しかった!


そして胃の動きを抑える注射



ベッドに横向きに寝させられて 口にはマウスピースのようなものを入れられました

結構辛かったなぁー


喉がカメラのチューブで一杯で呼吸が苦しく どうしても口から息をしてしまうんです

でも 看護師の方は

「鼻から息をしてください!」

・・・って ちょっと無理な事をおっしゃるんです


「あぃ・・・(はい)」

とは言ってみても 口が開いてる状態で喉もゴボゴボしながら 鼻での呼吸は無理でした!



最初にカメラを一番奥まで入れて 引き抜きながら診ていくようでして・・


「はい ここが十二指腸です」


「あぃ・・(はい)」
(潰瘍出来てるかなーー?? ビクビク・・・)


「きれいですね」

「あぃ・・(はい)」



「胃もきれいですよ」

「あぃ・・(はい)」
(あれ?胃が荒れてたり 潰瘍があるんぢゃないの??)

「ゲボゲボ・・・・」



・・・って感じで全く問題ないと言われました!




午前中で全て終了!!とりあえず すぐに結果が出たものに対してのみお医者様からのコメントをいただき 残りは郵送で!との事でした


血圧が低めで体重も落ちてしまっていたのですが それ以外は問題なしとの嬉しいお言葉



ちょっと安心したところでお腹も空いてきました


ホテル内のクリニックなので ランチも和食・中華・フレンチから前もって選ぶことが出来ました


もちろん「和食」!!!
f0102613_19545495.jpg

胃カメラの麻酔のせいで 物を上手く飲み込めないかもしれないから 食事は適度な時間を空けて・・と受付のお姉さんに言われておりました。


でも 食事前にちょっと水分補給を・・と思い 無料の飲み物(ポカリとか ウーロン茶とか)をちょっと頂いて 喉慣らしをしてからレストランへ行きました


平日の静かなランチ・・・それも一人で!!


もう贅沢でしたよー

D君にも食べさせてあげたかった!!




いやー 人間ドッグ 何年かに一度は行かないとなぁーって思いました

食事のためぢゃないですよ!えへへ・・


皆様は人間ドッグ行かれますか??

[PR]

by zuppinalondon | 2008-08-06 19:48 | おまけ

家族が来た!-番外編

f0102613_21581250.jpg

(私が肩からさげているのは らっこさんから頂いた うらちゃんのバッグ!ロンドンでも大人気ですよー!よく「どこで買ったの?」と訊かれます)


うちの母はD君のママが大好きです



初めて会った時に うちの母がD君のママを見て泣き出したんです



「あぁ この人が育てた子だったら うちの娘は大丈夫だ」


・・・と直感したそうです




実際にD君のママは本当に本当にものすごーーーーーーく いいママで 私も大好きだし D君と兄のジャイアントFもママを心から愛しています


ママが育ててくれたから D君も兄のFも真っ直ぐな人間になったんだと思います





そして D君もうちの母を大切にしてくれます

今回もD君かなり気を使っていたなぁー



まず・・・


母も私とD君がお金がないのを知っているので 食事代や観光代は全部持つって言ってくれたんですが


D君 どうしてもご馳走をしたかったみたいなんです

なので最近 私達がはまっている韓国料理屋さんで夕飯を食べた時も D君払っていましたねぇ




そして・・・


なぜか うちの母と叔母はイギリスに来ているにもかかわらず ゴディバ(イギリスではゴダイヴァと発音します)でチョコを買うって言うので・・



連れて行きましたよー

リージェントストリートにあるゴダイヴァのお店へ!!



私は他のお店にちょっと取りに行くものがあったので D君と母、叔母、妹を残して別行動したんです



そして 後からゴダイヴァに行くと・・・・



なんかD君 大きな袋を下げてるんですがぁー・・!??



「生まれて初めてチョコレートに100ポンドも使っちゃったよぉぉぉ」


・・・・・・


100ポンド(2万2千円)!!!!?????????



何個チョコ買ったの!!???????????

もうびっくりしましたよー!!!




おまけに うちの母達はそのチョコだけでは足りなかったようで ロンドン三越にて英国王室御用達の「シャボネル・エ・ウォーカー」のチョコも山ほど買っていました・・


ちなみに・・


妹のTちゃんが会社にこのチョコをお土産として持って行った所 皆さんに大好評だったそうです!




そして ホテルに荷物を置きに帰り少し休むことにしたんです


そんな時にD君が

「ちょっとお腹が空いた・・」と言うので うちの母にそれを言うと・・



「D君 これ食べなさい!!」



と思いっきり日本語でD君に みそ煎餅 を渡したんです

結構大きなお煎餅で 紙袋に入った2枚渡されたD君


ちょっと食べて満足だったみたいで 残りを袋に戻して自分の脇のテーブルに置いたんです



すると母がD君の横に来て袋の中身を確認


どうもD君が遠慮をしていると思い またその袋をD君に渡す母




D君 夕飯をしっかりと食べたいので お煎餅はちょっとだけ食べただけですが また袋を渡されたので 仕方なく ちょっとだけ食べて袋をテーブルへ・・




しばらくして 母がまた袋の中を確認

まだお煎餅が残っているので「食べて!」と」渡す母




D君 うちの叔母にお煎餅を勧めようとすると・・・


すかさず うちの母が

「いいの!いいの!いらないから!一人で食べちゃっていいから!!」




D君は その時思ったそうです

「あぁ・・いくら隠しても ママさんが袋を覗いてまた食べろって言うんだろうなぁ・・



これは全部食べないと このお煎餅バトルは終わらないんだ・・・」



仕方なく 全部食べてしまったD君でした!!!





あぁ 日本に行ったら うちの親戚達皆似ているので D君「食べなさい!」攻撃にあうんだろうなぁ・・・



D君は日本に行きたくてしょうがないようです

日本に行く前にはダイエットしてから行かないとねぇー!

[PR]

by zuppinalondon | 2008-08-05 22:39 | D君

家族が来た!その3-ロンドン市内観光

f0102613_19554161.jpg

月日が経つのは早いもので もう8月ですねぇ

今日のロンドンは快晴。最高気温予想は23度でございます



家の家族が来た6月の中旬はお天気は良かったものの 気温が低めでジャケットは必需!だったなー


さて ロンドン初めての叔母のために簡単な市内観光に行きました


観光客向けのバスもいくつかあるロンドンですが 一応ロンドンっ子のD君(生まれも育ちもロンドンですが あまりロンドンを知らないんですよ・・)もいるし ロンドン市内観光なら 外国人の私の方が詳しいでしょう!って事で 自分達で市内巡りをすることにしました



まずはダブルデッカー(ロンドンのシンボル 2階建てバス)にてトラファルガー広場で写真撮影


この時 米国大統領のブッシュさんが訪英されていた関係で いつもよりも警察官の数が多く 通行止めになっている道もあったロンドンですが・・・



トラファルガー広場から ビッグベンの愛称で有名な時計台のある"パーラメントスクェアー”までは徒歩で一直線で行けます。 うちの母も叔母も元気いっぱいに歩く歩く・・


実は 私の妹Tちゃん、ロンドンに来る直前に道で転んで 足に怪我をしていたのです! なのでロンドンでは簡易ギブスをして 足を引きずりながらがんばって歩いてくれました



途中のホワイトホールという通りにはバッキンガム宮殿の一部でもある騎馬兵が番をする「ホースガーズ」があり 観光客にはこの衛兵と一緒に写真を撮るのが人気です
f0102613_2016582.jpg

Tちゃん 馬に鼻先で「ドーン!」とやられたみたいで


「馬に やられたぁ・・・(涙)」


とちょっと怖がっていました・・・




そのまま真っ直ぐ進むと 首相官邸の「ダウニングストリート10番地」が道なりにあり その先の左の方向にビッグベンが見えます


ビッグベンの脇にある「ウェストミンスターブリッジ」からは大観覧車の「ロンドンアイ」もみえますし、 ウェストミンスター寺院もすぐ近くにあるので この周辺は観光スポット満載です



母がバッキンガム宮殿の衛兵交代を見るというので また歩いて宮殿へ・・



夏は毎日午前11時半から30分間衛兵交代の儀式が執り行われるバッキンガム宮殿

宮殿の門のまん前で陣取って見たい方は 早めに行って場所取りをした方が良いでしょう



私達は11時半ぎりぎりに着いたので ちょっと離れた沿道で見学しました
f0102613_20261253.jpg

うーん・・これは一度見ればもういいかなぁー??(・・ってもう5-6回見てますがねぇ)

でも 母や叔母は音楽に合わせてリズムをとったりして楽しかった様子でした




そして・・・



また歩きでトラファルガー広場へ戻る途中・・・・



ロンドンの新市長「ボリス・ジョンソン」さんが自転車を片手にインタビューを道で受けていたんです


ボリスさんは 今や時の人!

D君も彼を見つけるなり 「あっつ!!ボリス!!」と叫んだ位です




なので うちの母達に・・

「あー あの金髪の人が 新市長のボリスさんだよ。毎日テレビや新聞 雑誌に出てる有名人だよー」

と言うと・・




うちの母が・・・



ツカツカとボリスさんの方へ進んで行き いきなり携帯のカメラを彼に向けて


「ちょっと!!」


・・・って言ったんです・・ボリスさんに日本語で・・(--:)




もうボディーガードか何かに連れて行かれるかと思いましたよ!!



「こらぁぁぁーーーー!!恥ずかしいからやめてよ!!」と写真を一枚撮った所で引き離し 手を引っ張ってその場を去りました・・


母ったら 撮った写真を保存し忘れて消しちゃうし・・・・



まぁ きっと日本に帰ってから写真を見ても

「この人誰???」

・・ってなるとは思いますがねぇー



その後は 「ハロッズ」、そしてハロッズよりももっと高級だと言われている「ハーヴィーニコルズ」にてお買い物


ハーヴィーニコルズには日本でも大人気の「キャスキッドスン」も入っていて Tちゃんと 叔母は沢山買い物をしていました


お腹が軽くすいたので ハーヴィーニコルズの中のカフェでサンドイッチとティーを頂きました
f0102613_20395031.jpg

ここのサンドイッチは中身の具にあわせてパンもハーブ入りや 全粒粉等を使うこだわりの とっても美味しいサンドイッチでした!

でも 量が多すぎ・・・

2人で1人分を分ける位で十分



残りは全てお持ち帰りにしましたよー




本当は大英博物館も連れて行ってあげたかったのですが 母も叔母も疲れたようなので先にホテルに返して 私 D君 Tちゃんと 私の親友Mちゃんの4人でパブに行ってロンドン最後の夜の思い出にしました



うーん 母達は楽しかったようですし何よりでした


私とD君は今年中に日本にいけるかなぁー????

お金貯めますねー!!!


[PR]

by zuppinalondon | 2008-08-04 20:48 | イギリス観光