人気ブログランキング |

ロンドンの治安についてー第二の悲劇





昨日の「ロンドンの治安について(再)」に続き 今日はその後のロンドンで起きたテロにまつわる悲劇をお話しします

(初めての方は お手数ですが 昨日の日記を先にお読みいただけると ありがたいのですが・・)



ロンドンでは 昨年の7月7日の朝のテロ以来 自転車で通勤する人が増えたように思えます・・・
f0102613_465695.jpg

家族や友人、知人があの無差別テロに巻き込まれた人も また巻き込まれなかった人も皆同じような恐怖を感じ バスや地下鉄のような公共の交通機関を使う事をためらい始めました



実際 あのあとロンドンの地下鉄利用率がかなり落ち込んだとのニュースもありましたし また夏の観光客で賑わうはずの街から 人が消えました



Zuppinaの働くお店でも テロ前までは日本人観光客の皆様がたくさんいらしていたのに その後日本からのツアーや飛行機便取り消し等の打撃をモロに受けました



本当に去年は暮れくらいまで 日本人観光客の姿は ロンドンであまり見かけませんでしたよ・・


私はロンドン中心街からバスで40分くらいのところに住んでいます


毎日の通勤は二階建てバス・・・・


そのバスはウェストミンスター寺院 ビッグベン(国会議事堂) 首相官邸 トラファルガー広場 ピカデリーサーカス等の ロンドン観光主要の場所を通ります


まさにテロの標的になっておかしくないルートのバスです


「イギリスのお巡りさんは 丸腰」・・・・・・と拳銃を持たなくてもいいくらい安全だったロンドンで その後機関銃を所持する警察官を あちらこちらで見かけるようになりました


何日過ぎても 次のテロがまだある気配・・・・



テロから2週間後の7月21日に ロンドン市内4箇所でテロ攻撃計画が失敗に終わりました

テロリストが爆発装置を発動させずに逃げたため 二度目のテロは起きずにすんだのですが・・・・




警察は犯人グループの特定にやっきになりすぎていたのです



そして・・・・




その次の日の7月22日金曜日 ある一人の青年がテロリストと間違えられ ロンドン市内の地下鉄駅内にて射殺されました



f0102613_4371085.jpg


ブラジル人の「Jean Charles de Menezes」さん・・・・



彼は その日人と会うために 急いで地下鉄に乗りました・・・

彼の服装は テロリスト達と良く似たカジュアルな服装に大き目のリュックサック



去年は男性がリュックを持つのを 一時期やめていた時があります・・・・リュックを持っているとテロリストと間違えられやすかったので・・・・



その頃 その地下鉄の駅には常に沢山の警察官がいました


大きなリュックを背負い 急いで地下鉄に乗ろうとするジーンさんを警察は呼び止めたそうです


しかし あまりに急いで電車に乗ろうとしていた ジーンさんには警察の声は聞こえなかったのでしょう・・・


電車に走り込むジーンさん・・・・・あとを追いかけ電車に乗ってきた警察官達・・・



彼は電車の中で射殺されました・・・




あの当時「不審者は銃で撃ってもかまわない」というような雰囲気がロンドンの警察の中にはあったようです


全くの無実の青年が テロリストに間違えられ尊い命を奪われました


今でも その駅には彼のためのコーナーが設けられており お花やメッセージが届けられています





誰が悪いのかは わかりません





しかし テロで被害にあった人達 また様々な事件の被害者達・・・


私達が忘れてはいけない事って沢山あります




今は日本も安全ではありません・・・・・・・・

私達の地球はこれからどうなってしまうのでしょうか?



ロンドン今日は朝雨が降りましたが 今は青空が見えます


天の川が見えたら 今日は世界平和を願いお祈りしたいと思います




読んでいただいて ありがとうございました・・・
下のオレンジのバナーをクリックしていただくとランキング投票応援になります





*おまけ*

今日は 世界平和を願う日のようです・・・・・・

「Earlgrey」
のマロンさんは 七夕に思いを寄せてと題して 忘れてはいけない事の一つ「阪神大震災」の爪痕を写真で紹介されています。是非 皆さんも マロンさんのページに行って平和について考えてみて下さい

「さばこの徒然イギリス日記」
のさばこさん 今日は珍しく社会派です・・・・去年のあの日を思い出してのブログです。ご本人もおっしゃっています・・「本日は、笑い、エロ、お下品、すべて控えさせていただきました。明日からは、いつもどおりに戻ります。」 ・・・はい 明日からもまた期待しておりますよ~

「from UK with love」
のPenさんも あの日ロンドンに行く予定だった事をお話しされています。一歩間違えば テロに巻き込まれていたかも・・・ひとごとではありません

「時には、淑女のように。(in Cambridge UK)」のShibakoさんも イギリスに着たばかりの頃の あの日によせての感想をお話しされています。是非ご一読下さい


皆さんも 一緒に平和について考える週にしたいですね・・・

by zuppinalondon | 2006-07-08 05:26 | ロンドン生活