トルコ旅行2 第一日目 イスタンブール編

f0102613_6272698.jpg

トルコのイスタンブールに予定より一時間以上遅れての到着です

フライト時間は約4時間 



その間食事が一度出て 映画「007 カジノ・ロイヤル」を見てアクションシーンで大声を出して 隣で本を読んでいたお兄さんまで映画に引き込んで その後ほんのちょっと眠っている間に着きました




ロンドンから日本への直行便は12-13時間かかるので それに比べれば近い!



それでも 結構疲れましたねぇ・・

(空港早く着きすぎたので・・・(_´Д`) アイーン)



空港は新しいのでしょうか?

大変近代的でモダンです

ある意味拍子抜け・・


なんか モスクっぽい造りとかをちょっと想像していましたが 実際はヒースローよりも明るく 新しく 綺麗でした




そして流石(?)親日家のトルコです

入国審査も係りのお兄さん とーっても愛想が良く イギリスの無表情な入国管理官と比べると 本当に感じがいい!


いきなり満面の笑顔と日本語で「コンニチハ!アリガトー」ですよー!



スムーズに入国も出来て あとはお迎えの旅行会社の人を探すだけ

空港の出迎えゲートには無数の人・・



主に男性ですねぇ・・

トルコは男性が外で働き 女性は家を守るのが伝統なんでしょうね


そんな中で私達の出迎えはトルコ人の若い女性でした



彼女は日本語を話せる トルコの現地旅行会社のスタッフさん



「ホテルマデ 30プンクライ  カカリマス」

・・って言われ 運転手さんの待つ外へ




トルコの皆さんは大変穏やかで のんびりしている印象を受けたのですが 車の運転だけは別のようですねぇ


道で信号待ちの間 信号が青になる前に何度もクラクションを鳴らされ せかされました


イスタンブールでは すぐに車を発進しないと 怒られそうです!

(その点はイギリス人の方がまだ 気が長いですね・・)




イスタンブールはトルコの首都ではありません!!

首都は「アンカラ」


しかしトルコ最大の都市で 人口はなんと東京よりも多く1.300万人!!


実にトルコ人の6人に1人がイスタンブールに住んでいるという計算です




そんなイスタンブールですが 所どころ遺跡のような壁が残る町並みも綺麗です

丁度 先週の金曜日は三日月

イスタンブールの空にかかる三日月がとてもエキゾチックな感じでした




途中に見えてきた 大きなモスク



「あれがブルーモスクかな?」(*°ρ°) ボー

「あっちのも青っぽいよ・・・」( ;; ̄3 ̄)

「あれ?あれもモスクだ!」( ̄ー ̄∂) ポリポリ


いずれも「ブルーモスク」ではありませんでしたー!!


(・・・というか・・ 別に青い色だから「ブルーモスク」と呼ばれているのではないそうです。英語で勝手にそう呼んでいるだけ(?)って噂も・・トルコ語では全く違う呼び名だそうです)



そうこうするうちに その日の宿泊ホテル 5つ星の「ジェイラン・インターコンチネンタル・ホテル」に到着



トルコはイスラム教の国でテロ等もあったためか かなりセキュリティーが厳重です

ホテルのロビーに入る前に空港みたいなセキュリティーゲートを通り 金属探知をされます


デパートに行った時や地下鉄でもセキュリティーチェックがありました




そんなこんなで もう既に午前12時近くです


次の日のツアー出発が朝の7時15分って言われ( ̄△ ̄) !!たので すぐに部屋に入り眠ることに



そして 部屋のドアを開けると・・・・(一番最初の写真です)


「(◎_◎;) おっ!・・・部屋がない!??」


そして この廊下にはトイレが一つあり その先を進むとラウンジエリアでした
f0102613_751333.jpg

「(  ° ▽ ° ;) エッ・・・ベッドは??」


ちょっと焦りましたが 大丈夫でしたー!

ラウンジを越えると ベッドが・・・
f0102613_774125.jpg

ダブルベッドなんですがぁー!!!!!ゲゲ (゜_゜;)



でもウエルカムドリンクやチョコレートもあり おまけにフカフカの羽根布団です!


どうやらスィートルームに入れてくれたようなんです




お風呂もシャワーブースとバスタブが別で アメニティーも揃っていて最高!
f0102613_718451.jpg

もう一時間早くチェックインできていたらなぁー

と惜しみつつも 速攻で眠ることに


・・・でも 私って結構神経質で基本的に 眠りが浅いのです

そして ベッドが変わると眠れなくなることも・・・



案の定 羽毛布団が激熱だったのと 興奮と その他もろもろで良く眠れませんでした


モーニングコールを6時に頼んでおいたのですが 寝過ごしてはいけないと心配で4時頃から起きていた気がします


(イギリスとトルコの時差は2時間あり トルコの朝6時はイギリスの朝4時 そしてトルコの朝4時から起きていた私は イギリス時間の午前2時から目が覚めていたことになります)



眠りが浅く 寝つきも悪い私ですが 寝起きだけはいいんです!

Mちゃんは良く眠っていたにもかかわらず 起きるのが辛そう・・・



私は朝一番にシャワーを浴びて さーっぱりとした気分で旅に臨みました



To be continued・・・

[PR]

by zuppinalondon | 2007-04-01 07:31 | トルコ旅行記