トルコ旅行16 第6日目 グランバザール攻略編

f0102613_342319.jpg

3月28日 水曜日 イスタンブール観光の日

この日は朝 アンカラエクスプレスの食堂車で朝食をとり 観光途中にトルコの美味しいパン「シミット」1個を食べただけの私達


ランチと夕飯はフリーで食べる事になっています



夜はyokocanさんに教えていただいたレストランに予約を入れてもらったので お昼は軽く食べよう!って話していました



トルコのファストフードといえば「ケバブ」!

意外にも ケバブはロンドン いや大英帝国でも超人気の食べ物です



実際 トルコよりもロンドンの方がケバブ屋が多いくらいですよー



串刺しにしたお肉を外側から焼いて 焼けた部分を削いでパンに挟んで食べる 温かいサンドイッチみたいな物



じつは トプカプ宮殿でも有名なケバブ屋台があったそうですが・・・


何と!値段が12リラ(約1000円)!!!


トルコの平均の月収が400ドル位らしいので これは高すぎ!!!

それも屋台ですよー


いくら観光客用だからって この値段はボッタクリです

(かなり 美味しいらしいですが・・・)


ツアー参加者で買ってる人はいましたが ファストフードに12リラは出せませんよねー




そして ちょっとお腹が空いて来た所でグラン・バザールツアー!




ここで 約1時間の自由時間をもらい それぞれが好きに見て周ることになりました

まずは グラン・バザールの入り口から 程近いケバブのスタンドに・・・




おじさんが パンの内側に唐辛子のきいたトマトペースト「アジル エズメ」を塗り その中にお肉とトマト 野菜 そしてフライドポテトを挟んでくれます
f0102613_441477.jpg

うーーーーーん!美味しい!!


これでたったの1.5リラ(130円位)!!!


今まで ロンドンで食べたケバブは何だったの!!???


(ロンドンのケバブはピタパンに挟まれて ちょっと脂っこい感じなんです)



「アジル エズメ(唐辛子入りトマトペースト)」はパンに良く合います

とーーーっても美味しいです!

英語のレシピがありましたので 参考になさりたい方はどうぞー





「グラン・バザール」は 小さいお店がひしめき合う大きな市場です

しかし近年は観光化してしまい かなり値段も高く 地元の人は行かないそうです



なので 外国人がカモにされる場所・・・・と思っておいた方がいいですよ





トルコでは 殆どのお店に商品の値段表示がありません



・・・って 事は値段があって ないようなもの!






例えば・・・・

ツアーの途中にお土産物屋さんで 絵葉書を見ていた時に ツアー同行のトルコ人のBさんに頼んで 絵葉書の値段を訊いてもらいました


すると・・・


「イチマイ 10クルシュ(=約8.5円)」



そして その後に 同じツアーの日本人男性がお店の人に直接 英語で値段を訊くと・・・

「50クルシュ」って お店の人は答えました



観光客には値段が5倍に跳ね上がります!!!






また ツアーの途中で立ち寄ったドライブイン

チャイを2杯買うのに いくらか尋ねたら・・


普通は50クルシュ(42円)なのに そこは1杯が1リラ(85円)で売っています

その時 丁度 細かいお金が無くて 1リラしかなかったんです


そうしたら お店のおじさんが 2つで1リラにしてくれましたー

(他の人達は全員 1杯 1リラで買ってましたよ)



何でも値切れるって事ですよねぇ・・





カッパドキアで見かけた 可愛いトルコの陶器

カラフルな色合いで お土産にも喜ばれそうでしたので ちょっと欲しいなーって思い値段を訊くと


「10リラ(850円)」・・・ってお店のお兄さんが言いました


そこで

「こんなの日本だったら 100エンだよ!!1リラ!!!」・・・って英語で言うと



「じゃあ・・・・1.5リラでいいよ!」・・・とお兄さん


結局 その陶器は買いませんでしたが この事からも最低でも5倍はふっかけられていると考えてよいでしょう





そして いよいよ「グラン・バザール」での戦いが始まりました!!!


私とMちゃんと一緒に周ったのは ツアーに一人で参加していた日本からの女性と イギリスから一人で参加の男性



皮製品のお店でジャケットを売りつけられそうになっていた 大人しい彼ですので 間違いなくボッタクリの餌食にあうのは目に見えています



どうやら 彼はチャイを飲むガラスのカップとソーサーのセットが欲しいらしいです


色んなお店で 同じような商品を売っていますので まずは値段をリサーチ



カップ&ソーサー6客セットで20リラ(約1700円)位の値段から始まるようです



「アラビア商法」と呼ばれる 売り手と買い手の妥協値を探す方法は 日本人にはちょっと難しいですよねー



一説によると まずは半額にして そこから値を上げて行き 3割引き位で手を打つのが妥当とか・・




あまーい!!!!!



3割引きなんて 甘すぎますよー!!!

私は5分の一まで値切れと言いたい!!!!!!



もしそれが無理なら 最低半額でないと買っては駄目ですよ


なので 20リラのチャイカップセットは10リラが妥当な値段と見ました

(実際 イスタンブールの街中で12リラ位の値段で売っているそうです)



でも グラン・バザールは観光客用の場所ですので やはり値段も高い!

結局 値切りに加勢しましたが 14リラで手を打つ事に

(他人の値切りなので あまり強気には出ませんでしたー)




そして カッパドキアで見た 可愛い陶器と全く同じものが・・・

お店のオヤジにいくらかとたずねると・・・


「20リラ」


一個 20リラだなんて ぬかしましたーーーー!!!


「はぁーーー???これ カッパドキアで最初10リラって言われて その後1.5リラまで値下げしたよー!」


・・・と 英語で言うと



「あんたは 陶器の事を何も知らない!!」


・・・と ちょっと 攻撃的


なので 私も負けじと


「エクスキューズミー? 何ですって?? 誰が見てもこれは 20リラする代物じゃないでしょうがぁー!!!!悪いけど 私 陶器類 集めてるから 詳しいのよねー!」


観光客をなめるなよーーー!!!と 口喧嘩では負けない私は言い返しました!!



あまりのボッタクリに買う気も失せましたよ・・


グラン・バザールでは かなりの根性で値切らないと いい買い物はできません




そして たまたま 集合場所に近いところにあったバッグ屋


外に沢山のバッグを飾ってあります



冷やかしで入ってみるか・・・と中に

小さいお店に 私の欲しかった キリムのバッグが売っています!!!



でも 値段を聞くと・・・・

「200リラ(約17000円)」



日本のネットでも1万しなかったバッグがですよー!!!


「これ 日本のネットのサイトで見たけど 半額以下だったよー」

って 言っても

「ソレハ ニセモノ!」

・・・・って 嘘ぶくし・・・・



偽物でも本物でも 安ければかまわないんだけどなぁー


そこで キリムのバッグは辞めて 他のバッグの値段を訊くと



「コレハ150リラ(約13000円j)」



「高すぎー!!!」


「コレ テシシュウ ソシテ カワモツカッテル」


手刺繍には見えないですよ・・・


そこで もう一つのバッグも見せてもらう事に




「コレハ チョット ヤスイ 35リラ(約3000円)」



「じゃあ これと さっきの一緒に買うから 20リラ(1700円)にして!!!」


・・・ものすごーく無謀な値切りをしています・・・私ったら・・・


「1個 10リラずつ!!じゃないと お金ないから買えない!!」



いくらなんでも それは安すぎる値段でした・・・

どんなに小さいお店でも 人を2-3人雇って お店を維持していかなければならないのですものねー




そうこうしている間に 集合時間が迫ってきたので

「あっつ!もう時間ないから 行かなくちゃー」


・・・と 帰るそぶりを見せたら・・・



「チョットマッテ!!! イクラ ナラ カウ?」



やっと 売る気になったお店のおじさん・・・

二個のバッグ・・・


ロンドンでも 良く似たようなのが売っていますが 大体25ポンドから 30ポンド位(6-7千円)位するので 2個で一個分位なら出してもいいかなー?と思い



とりあえず 安めに「2個で50リラ(約4000円) キャッシュで払うよ!」

・・・・と言ってみると・・



「OK」



おじさん ちょっとムッとしてましたし あまり儲けが出なかったと見えて 握手なしです!!!
f0102613_6272230.jpg

これ 戦利品!!!



このバッグ「Made in Turkey;メイド イン ターキー」って トルコ製のタグが付いていますが 実は この刺繍模様は ウズベキスタンの「スザニ」という刺繍


可愛いし 安かったから 何でもいいやー!!!


この刺繍の靴やブーツもあって とっても可愛かったですよー



おまけに・・・・



イスタンブールのインターコンチ内にある お土産物屋さんで 左側のバッグ 全く同じ物を発見


試しに値段を訊くと・・・「185リラ(約15000円)デス」って!!


小さくガッツポーズしましたよー!!


日本のネットショップでも ほぼ同じ物が一つ 1万3千円ずつで売っているのを見つけて 嬉しかったー!!!



ねっ!?値段って あってないでしょ??

トルコでは とにかく 大きく値切りましょう!!!!!


ただし 2-3個まとめて買った方が値切りやすいですよーーー




グラン・バザールは良く値段の下調べをしてから 出かけた方がいい場所です


とにかく 市内のおみやげ物屋さんの値段と比較して 少しでも安く買いましょう!!




さーて・・トルコ最後の夜は 美味しいトルコ料理で〆なくちゃーーーー


To be continued・・・・

[PR]

by zuppinalondon | 2007-04-10 06:35 | トルコ旅行記