英国王室ゴシップのススメ(ない)

英国の王室って日本の皇室よりもずーーーーっと開けているというか・・・・

あまりにもゴシップのネタを提供しすぎ!!

・・・・って感じもします



元々 日本の皇室の皆様のように品行方正なメンバーはあまり多くないので 常にゴシップ記事を賑わしてくれるのがロイヤル・ファミリー!!




それにしても一体 この国の国民も王室に対して敬意を表するって事があるんでしょうか??




そして ここ最近のイギリスはウィリアム王子が4年間付き合った彼女と別れた事が話題になっていますねぇ



つい最近まで 英国民はこの女性(ケイト・ミドルトン嬢)が未来のクィーンになるって思っていたのです


だって・・・・


英国王室の若いメンバー(若くないメンバーも)は夜遊び大好き!!


良く 良家の子女の集うロンドン市内のナイトクラブに出没し 夜中の2時3時まで遊びまくります


その際に まだ婚約もしていなかった ケイトさんにSPが何人も付き 夜遊びの帰りにお家まで送るという特別の待遇を得ていたりしたので 


「これは 婚約間近か!???」


・・・・なんて 話題にもなっていたんですよー




ケイトさんは 今年から英国のブランド「ジグソー」でお勤めを始めており (お父様のご友人が このブランドのオーナー)


「あぁ ダイアナ妃も婚約前に社会勉強のために 保母さんとしてお勤めをしたなぁー」


・・・・なんて 皆が思っていたんです




私はこのケイトさん 結構好きでしたよ

ダイアナさんと比較するのは 可哀想ですが でも彼女も良家のお嬢様で 品も良い感じだし なにしろ 弟のハリー王子の彼女みたいに派手な感じはしません


どちらかというと 地味で清楚な感じの女性なんです





うーん やっぱり プレッシャーには勝てなかったか・・・・

一挙手一投足までが全て話題になる未来の王妃候補であり続けるためには 相当の根性が必要だったみたいです




英国のメディアも遠慮ってものを知りませんのでねー


「将来の我が国の王妃になるかもしれない人を 国民は知る権利がある!」


・・・と言っちゃうのがすごい




ケイトさんも 色々とバッシングを受けていたみたいです

なので 今回の決断は相当な心労を伴っての事



たまたま好きになった人が未来の国王だっただけで・・・

可哀想でしたねぇ




とりあえず 彼女はウィリアム王子に二人の間の事は後々週刊誌や出版社に売らないって約束したそうです


(そういう人 いますよねー。自分の思い出を売って後でお金儲けしちゃう人って・・・)




まぁ これも王妃になるための試練って事かもしれませんが・・・・

ウィリアム王子も お相手探しが大変だなー


英国メディアも もう少し優しい目で見守ってあげないと 彼は一生独身で終わるかもよ!!!

[PR]

by zuppinalondon | 2007-04-19 18:15 | イギリス文化?