家族が来た!!!!

f0102613_1461162.jpg

なんだか日本は暑いようですねぇ・・・゚.+:。クラ(@O@)クラ゚.+:。


そういえば去年の夏 日本に帰って大変な目にありましたっけ・・

(毎日気温が35度以上で 脱水症状&帯状疱疹で病院通いしました(;≧皿≦))



ロンドンは毎日涼しいですよぉー

朝なんて 寒いのでジャケットが必要なくらいです


でも これが普通のロンドンの夏の気候で 各家庭にセントラルヒーティングは完備なのに 冷房が全くないのがうなずけます


なので ここ数年の異常気象による 真夏の陽気はイギリス人にとっては異常で かなり辛い夏だったのですが・・・


また今年はいつも通り!! 涼しくて 夏って気がしません!!!



そんな快適なロンドンに 先月中旬 私の母、妹、叔母が来ました



昨年の12月に足の骨を折ってしまって 1月にロンドンに来る予定を変更せざるをえなかった叔母を母と妹のTちゃんが連れて来てくれたのです




ロンドンのベストシーズンは6月だなぁって思います

お天気も乾燥して爽やかな初夏って感じだし、なにしろ日が長い!!!

夜の10時近くまで外が明るいので つい夜遊びしたくなっちゃいますよー



飛行機とホテルは日本から予約を入れて取ってきてくれたので 送迎 観光については私とD君の担当です



日本とロンドンの直行便は12時間

JAL ANA 英国航空 そしてヴァージンアトランティックのいずれかを選ぶ事になります


私も 私の家族もイギリスに来るならヴァージンが一番すきかなぁー!??


まずはフライトアテンダントが親切で感じがいいのと シートも心なしか広く 食事がお肉 魚 和食 そしてヴェジタリアンと4種類から選べる 間食のサービスもあり


そんなんで 今回はヴァージンアトランティックでヒースローに到着しました




私たち夫婦は車を持っていないので 3人を迎えに行ってホテルに連れて行くのは 何が一番いいのかを考えなくてはいけませんでした


選択肢はいくつかありました

1.地下鉄 - 乗り換えや大荷物のことを考えるとこれはちょっとキツイ

2.コーチ - シャトルバスですが バス停からホテルまでの移動を考えると3人分の荷物もあるし これも無理

3.タクシー - 私たち2名と他3名 そしてスーツケース3個は一台では難しい


ということで・・・


4.シャトルバン(dot2dot)・・・・に決定!!!

これは 偶然 ナショナルエクスプレスというシャトルバスの会社のホームページで見つけた 新しいサービス


これは前もって予約(または 当日空港で申し込んでも大丈夫そうです)しておくと 少人数用の乗り合いバンが空港から それぞれのホテルまで乗せていってくれて 帰りもホテルまでピックアップ そして 空港へ連れて行ってくれるというすばらしい新サービス


空港の到着ゲートの近くにカウンターがあるので そこに行って予約番号等を伝えるとバンが待機していて ホテルの前まで乗せていってくれます


バンも綺麗で 荷物も全部積んでくれるし 時間も正確で大満足なサービスでしたよー


なので個人旅行の方も結構これ使えるかも!!




まずは無事にイギリス到着し ホテルへ3人を送り届けました



そして お土産をたーーーーーーーーーーーーーーくさん持ってきてくれたのはいいのですが・・・





∑(O_O;)Shock!!





なんと お米20Kgも持ってきたんです!!!!

その他 3人のスーツケース4分の3と手荷物の殆ど全てが私たちへのお土産(主に食料品)だったのです!!!(゜ロ゜)ギョェ




「これは滞在中に何回かに分けて持って帰らないと 持ちきれないよぉぉぉ・・!! (屮゜Д゜)屮 」

・・と 嬉しい悲鳴をあげた私達





今回の母達の渡英の目的は私に着物を着せてバッキンガム宮殿で写真を撮る事






オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!





いやぁーーーーー!!!!!!!!!!!嫌!イヤ!いやだぁーー



なんでそんな恥ずかしい事を考えるのでしょうか??

もちろん 着物は日本が誇る民族衣装ですが・・


まぁ はっきり言って日本人が思うほど 外国の方達は着物に興味はないです


それは 私達がアフリカの方の民族衣装を見て「あー!あれ着てみたい!!」とか思わないのと一緒ではないでしょうか?





それでもうち母の意志はダイヤモンドよりも硬く 日本から前もって振袖をロンドンへ送ってきたのです


私は子供の頃から日本舞踊を習っていて こうみえても名取なんですよぉ

なので着物は着慣れている方なんですが


やっぱりロンドンで着物ってなんか恥ずかしいぃぃぃ!!



でもどうしてもD君のパパとママに見せたいとの母の切ない願いなので・・
f0102613_3237.jpg

着ましたよぉ・・バッキンガムは流石に行きませんでしたけど


パパとママはすごく喜んで「家の娘が一番綺麗だ!!!」って言ってくれました

ヾ(*・ω・)ノ゜+.゜★ィェィ☆゜+.゜ヾ(・ω・*)ノ



そして ドタバタ滞在記はまだ続くのです・・

[PR]

by zuppinalondon | 2008-07-21 03:08 | Zuppinaの毎日