人気ブログランキング |

カテゴリ:ロンドン生活( 57 )

ロンドン de ライブのススメ (1)

今日はかなり長く書いておりますので お時間のある方のみどうぞー!
f0102613_49065.jpg

先週の土曜日にD君とD君の同僚のVちゃんと一緒にライブに行って来ました



見てきたのは 何と日本のヴィジュアル系バンド「D'espairs Ray;デスパーズ・レイ」



(申し訳ございませんが 全く存じ上げなかったのですよー この方達・・)




D君の同僚のVちゃんは筋金入りの「Goth;ゴス」




ゴスとは・・・・・


Gothic;ゴシック系と呼ばれる人たちで まるでホラー映画の出演者のような格好を好む 闇の世界の愛好者(?)



イメージ的には黒・薔薇・血・十字架・ドクロ・・・・




そして パンダメイク!○(・x・)○




ご興味のある方は「ゴシック・ビューティー」なる ゴシックの方のファッション雑誌もございますので ご覧下さい!




おそらく日本のヴィジュアル系は「ゴス」に近いのでしょうねぇ・・・





不思議ですよね・・・

日本のいわゆる歌謡曲(?)ポップスやロックって世界からは全く注目されていないし ファンも少ないと思います



でも この手のヘヴィーなタイプの曲は意外と人気なんです


なので隠れファンも多いとの事


特にドイツやフランスでは日本のゴス系バンドは人気があるようですよー


だから わざわざヨーロッパ・ツアーに来るんです





そして 今回はVちゃんが インターネットでライブ情報をゲット!


なんと コンサートに一度も行った事のない D君を誘ってくれたのです


ついでに日本のバンドだからって 私も誘ってもらいましたぁー

(正直 この手の曲はあんまり聴きませんがねぇ・・トホホ)



でもチケット代の20ポンド(4400円)はD君が払ってくれたので 行く気マンマン!




場所は 最近危険な街から お洒落な活気の在る街に変貌を遂げつつある「Angel;エンジェル」



食事をする場所や買い物をする場所もたくさんあるので いつも人で賑わっています




この日は6時開演って聞いていたので 仕事を5時で上がらせてもらって ちょこっと「パンダ」メイクを施してから エンジェルへ急ぎました



無事に6時前には余裕の到着


(実際にライブ開始は7時過ぎでした・・( ̄□ ̄|||)




Vちゃん D君とも会え一緒にライブ会場である「Carling Academy Islington;カーリング・アカデミー イズリントン」に向かいました





この日はVちゃんと初対面





D君からは何度も・・


「彼女を見ても 腰を抜かさないようにね・・・中身は本当にいい子だから・・・」



・・・って脅かされて(?)いたんです




「えーっつ?もしかして お友達って全身に刺青とかしてあって 顔中ピアスがついてて 血まみれメイクとかして いつも歩いてるのー??」(°◇°;) ゲッ

と尋ねると




「いや・・・そこまでじゃないから・・・」( ̄ェ ̄;)

と納得のいかない返事





「うーん どんな怖い格好をして来るのかなー?(;-_-;)」 


「私もゴスちょっと取り入れてみないと 会場で浮いちゃうかなー?  (;-_-;)」


「パンダメイクして電車に乗るのは辛いなー・・(;-_-;)」




色々と心の葛藤があった先週でしたが ・・・・




Vちゃん 思ったほどはすごいゴスではなかったので良かったー
f0102613_4491525.jpg

(・・・って 髪の毛は一部真っ赤で 両耳の上あたりは完全に刈り上げてあり 後ろの毛は長く 黒い小さい帽子を頭のてっぺんにかぶっていました・・・


耳には100個位(大げさ!)ピアスがついていて スパッツの片側は大きな穴が何個かあいていて そこから白い網タイツが覗いておりましたー・・・ヽ(´∞`)ノ アウアウ?)





駅から会場へ向かう途中に何人かのゴスに遭遇!


目指す場所は一緒のようです!!




ライブ会場はショッピングセンターの一角にあり 奇妙な格好をした集団が列を作って並んでいました・・Σ(ノ°▽°)ノハウッ!



一目でゴス!!って判る方がたくさん・・



道行く人も「あれ?季節はずれのハロウィーン??」って感じでジロジロ・・




また小憎らしい小学生位の悪ガキ達は あからさまに野次を飛ばします



ここで新たなる発見!

ゴスの皆さんは 意外といい方が多いかもしれませんよー


なんだか マナーは思ったよりも良かったですし 割と普段は穏やかなのではないでしょうか?




人は見かけによらない・・・って事ですよねー



それにゴスは自分のファッション等の趣味


ジーパンにTシャツのカジュアル系が好きな人、正統派のトラッド系が好きな人、そしてゴス系が好きな人


きっと好みの問題だけで 人間は皆同じなんですね




・・・って綺麗事を言ってられるのは今のうちでございました・・・


前座の方達  キャー!ビックリ(*゜ロ°)ノミ☆(;>_<)バシバシ
f0102613_551356.jpg

怖かったぁー・・・


ツインボーカルで 二人とも血まみれメイク

曲もかなりヘヴィーでシャウト系



でも歌はかなり歌える感じでしたし 1-2曲アレンジを変えれば キャッチーな曲調になりそうな歌もありました




でも みんなのお目当てはメインの日本のバンド「デスパーズ・レイ」


前座は40分位で終了し 自分達で機材を片付けて帰っていきました




あまりに長いので今日はここまで!!!続く!!


by zuppinalondon | 2006-11-14 05:17 | ロンドン生活

ロンドン徒然雑記帳

f0102613_832437.jpg

昨日仕事帰りにロンドン中心のピカデリーサーカスにある「ジャパンセンター」に行きました



「ジャパセン」の通称で親しまれている イギリス在住者や日本愛好家の溜り場




地下にはお寿司のTake Away(テイカウェイ=テイクアウト)コーナーや日本食材店がありイギリスの有名人もお寿司を買いに来るそうですよー!




日本式だと一階ですが イギリス式だとGround Floor(=地階)には いつも外国人で混んでいる和食のレストラン 



日本式だと二階で イギリス式だとFirst Floor(=地上階から第一番目の階)には本屋さん、トラベル・エージェンシー(旅行会社)が入っています



そして!!!



昨日行って ビックリ!!!



なんと 日本の100円ショップ「ダ*ソー」が入ってましたよー!!(°〇°;) おおっ?




こっちでは 全て1ポンド(220円)



日本の湯飲み茶碗や味噌汁椀 何に使うか判らない 竹で出来た鈴虫を入れるような虫かごとか・・・(ー’`ー;) ウーン


かなりの売れ行きのようです




実はイギリスにも100均のようなお店があります


「ワン・パウンド ショップ=一ポンドショップ」と呼ばれていますが・・・・




「こんなもの タダでもらっても嬉しくないわい!!\(`0´)/キイッッ・・」ってな物も数多く 質やデザインがイマイチです




だから それと比べると ジャパセンで売られている100均商品はいいわー


外国人にも受けそう!




ロンドンでは日本の「MUJI」や「ユニクロ」は大人気です



特に「MUJI」はお洒落なイメージがあるらしく 袋を持って歩いている人を良く見かけます




でもね・・日本の値段が300円って書いてあって それが「3ポンド=660円」で売られていると ちょっと手がでませんねぇ・・(-_-#) ピクピク





そして 良く皆さんのブログで拝見するのですが・・・



「MUJI」って日本では食品も出しているようですねぇ


こっちは文房具 家具 そして 洋服くらいしか売ってないですよ



きっと食品を売り出しても 高かったら買わないけどぉー!ウフフ




   *----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*


そして 先日スーパーの見切り品で見つけた 「裸のシェフ ジェイミー・オリバー」のパスタソース


在庫処分品で全部半額だったので 2種類買ってみましたー!



イギリス人は自分でお料理を作らないので こういった既製のソース類が充実しています



でも そのままだとちょっと味が足りないかな?

けっこう薄味なんですよ こっちの食べ物は・・




とりあえず どんなものか買ってみたんですが・・・・


サンドライド・トマトのソースをちょこっと使ってみたら お味がねぇ・・

( ・_・)ん?


「イマイチ」ってよりも「イマニ」位だったかな?



変に甘くて 私はそのままでは食べられないわーって思いました




ので アレンジです!!
f0102613_8444672.jpg

元のソースがトマト缶を煮詰めて ちょこっと味をつけただけのようでしたので ニンジン・マッシュルーム そして ネギ(玉ねぎではなくて ネギ)を細かく切って炒め ソース ワイン 水栽培のバジル そして 大匙一杯のお醤油を加えて煮込んでみました!!



ネギと醤油で和風のトマトソースです!!



そして 和風なので あえてトッピングも和風に




「ナポリタン風和風パスタ」の完成!!
f0102613_8494593.jpg

海苔はハサミで一生懸命切りましたぁーヘ(*^0^*)v



不思議とイタリアンな焼きうどんを食べている感じでおいしかったぁー



また これも撮影用にちょっと盛りにしましたので 写真を撮った後に 山盛りパスタを食べましたー!(・~・)゛ モグモグ





・・って全くジェイミーのソースの味が消えちゃった!!


ごめんよー ジェイミー・・(*_*、)ヾ(-ω- ) ヨシヨシ


by zuppinalondon | 2006-11-03 08:56 | ロンドン生活

ロンドン de ハロウィーン!?

f0102613_334566.jpg

ハロウィーンは元々がアイルランドで始まったらしいのですが 今やアメリカを代表する子供のお祭りになってますよねぇ・・



なので イギリス人はちょこっと遅れ気味なんですよ



アメリカ程は盛り上がっていない・・・っていうか・・・・


もともとが イギリス発祥のお祭りではありませんので どうも イマイチ盛り上がりに欠けます



街もクリスマスに比べると ハロウィーン用にデコレーションしてあるお店やお家って少ないですねぇ



この日に子供達が「トリック・オア・トリート」に行っても きっと ロンドンの人たちは戸を開けそうにもありません・・



数年前のハロウィーンの日に お友達とロンドン市内のカフェでお茶をしていたところ 子供がカボチャのバケツをもって 各テーブルに周って来たんです



でもカフェのお客さんって 飴とかチョコとか お菓子なんて持ってませんよねぇ・・・




どうやら お金を目当てに来ているらしく その後ろには親が糸を引いていたんです!!!


子供にお金を集めてこさせるなんて!!!!


ひどい親がいるものですよねぇー!!




でも 私の知り合いの人は子供がハロウィーンで来たら 50p(約100円)渡しちゃうって言ってました・・・


だって そのためにお菓子なんて 買ってある家はあまりありませんもの・・・




さて さて スーパーで昨日買った 「マンチキンかぼちゃ」


すごく可愛い!(・-・*) ヌフフ


Edible;エディブル(=食べられる)って書いてあったし もう値引きしてあって99P(220円位)が50Pになっていたので 2個 買ってみました!



そしたら・・・ティル(レジ)のオバサン・・・多分間違えだと思いますが 何故か「Buy one get one free;一個買ったらもう一個無料」にしてくれたので2個でなんと50P!!(100円位)



やった!!ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'°☆。.::・'°★。.::・'°☆。ワーイ!



でもですねぇ このカボチャ ミニミニタイプですので ホラ!
f0102613_3502420.jpg

手乗りカボチャです!!(o ̄▽ ̄o) わ~い \( ̄▽ ̄o)/



今度の日曜日に彼氏のD君がウチに遊びに来るので そのときに 中身に何か詰めて出してみようかなぁー なんて思ってます



こっちのカボチャは水っぽいんですよねぇ・・


中に何を詰めればいいかな??何かいいレシピありませんかねぇ??

(^人^) オ・ネ・ガ・イ♪



そして ハロウィーンっぽいお菓子でも買ってみるかぁーって思い お菓子コーナーに行くと・・



(;-_-;) ウーム


なんだか オレンジ色したケーキとか・・・


クモの絵が描いてあるクッキーとか・・・・


緑色の毛虫みたいなグミとか・・・・


(((p(>o<)q))) ギャアアア!!!


食欲を無くすものばっか・・・・・



かろうじて 食べられそうだったのが このスナック菓子
f0102613_359448.jpg

ポテトスナックでトマトケチャップ味ってなってました


うーん・・本当にトマトケチャップの味だぁ!!


結構美味しかったですよ



イギリスでは 今の時期毎晩のように子供達が外で花火(爆竹に近い?)を鳴らして うるさい!うるさい!!


これは 11月5日の「Guy Fawkes;ガイ・フォークス」というお祭りに向けてのものですが この時期だけスーパー等で花火が売り出されます



ガイ・フォークスは17世紀にイギリス国会議事堂を爆破しようとした人物です


そして 彼とその仲間の火薬陰謀事件が失敗に終わったのを祝うのが 11月5日の「ガイ・フォークス ナイト」


だから 花火をガンガン打ち上げるのでしょうねぇ・・・


本当に危ないし うるさいし 早く終わって欲しい!!



ちなみに 英語で「奴」とか「男」の意味の「Guy」は このガイ・フォークスさんの名前から来ているそうです!!




ガイ・フォークスの方がイギリスでは伝統的なお祭りなので ハロウィーンは盛り上がらないんでしょうねぇ・・・



日本のハロウィーンはどうかな??皆さんは どんなハロウィーンを過ごされますか?


*お知らせ*

ブログのお友達 イタリア トスカーナにお住まいの素敵な moさんのブログ「La Vita Toscana イタリアのトスカーナな日々」が只今ランキング急上昇です!


あともう少しでヨーロッパランキング第4位!!


本格派のイタリア料理に 優雅なトスカーナのスローライフ



またこの前 救援物資第二弾送って頂いちゃったんですよー

グラツィエ moさん!( ̄ε ̄@)CHU-




皆さんも一度遊びに行ってみてください

その際は応援クリック 4649!!

by zuppinalondon | 2006-10-26 04:18 | ロンドン生活

ロンドン・アートのススメ - Mちゃんのアート展編

f0102613_4565259.jpg

以前の日記「ロンドン・アートのススメ」でも書きましたが 私の親友でロンドン在住のMちゃんはアーティストです

(モダンアートですのでねぇ・・・

うーん・・・


・・・・ちょっと難しいんですよ  ̄\(-_-)/ ̄オテアゲッ)





専門は版画(プリント)で 毎年グループ展をロンドン市内のギャラリーで開いています




今年も初日のプライベート・ヴュー(10月3日)にご招待を受けましたので行ってまいりました




場所は去年と同じ ロンドン・ブリッジ駅近くの「Menier Gallery;メニアー・ギャラリー




このギャラリーの斜め前には日本人にも有名な「The Buramah Museum of Tea & Coffee;ブラマー紅茶・コーヒー博物館」
があります


(かなり安いですよ!ここでお茶をすると!!・・・でも まったくもって 質素なティーサロンですので あまり期待なさらないように!!(^・^;))





そして ギャラリーのお隣には 同じ名前の可愛いカフェとシアターがあります




ロンドン市内のギャラリーでは個展やグループ展等の初日には アーティストの友人やアート好きの人たちが集まり ワイワイ・ガヤガヤとアートを堪能します


新人のアーティスト達はこの時とばかりに 自分の作品を売りに出します




この日も大勢の人が プライベート・ヴューに集まりました
f0102613_5213514.jpg

私は気づきませんでしたが イギリスのドラマ「The Bill」に出演している女優さんも見にきていたそうです




でも・・・中にはタダ酒目当てで フラリと立ち寄ったっぽい人も結構いましたよー!!




フランス直輸入の赤・白・ロゼワインが皆さんに振舞われていました・・

(* ̄0 ̄*)ノ口 うーいもう一杯!!




今回は前回よりも参加アーティストも増えた分 さまざまな作品が見られました
f0102613_5381947.jpg

これら全てに値段がついております・・・



でも・・・



額縁の値段と作品の値段がほぼ一緒ってのも 結構ありました・・・・・( ̄~ ̄;) ウーン




そして 我が親友のMちゃん!




今回も この展覧会直前に作品を作り始める・・・といった やっつけ仕事で4作品を完成させましたーーー!

┗(`o´)┓うっ┏(`○´)┛はっ┏(`o´)┓うっ┗(`O´)┛ほほっ




ここ数年のテーマが「パイプ」だの「部屋の角」だのでしたので・・・・・・・・   (;-_-;) ウーム





今年は何だろうなぁー・・って思ってたんです





「机の脚」とか 「パンの耳」とかだったら どうリアクションしよう・・・(-"-;)


なんて悩んでいたのですが・・・





今年は「Untitled; 無題」でございましたー!
f0102613_5494117.jpg

Mちゃんの作品は「人に媚びない」タイプの作風がみられ 完全に自分の世界を作り上げています



また 男性に受ける作品が多く(本人自身が男性受けしたい!との希望がありますが 作品に負けている・・・って感じでございます・・) この日もMちゃんの作品を前にアフリカ系の男性2人が 熱心に語っている姿が見られました





そして・・・なんと この日 Mちゃんはファンが出来たのです!!
f0102613_63351.jpg

かなり可愛いルックスの男の子で Mちゃんの作品の前で熱心にメモをとっていたのです!



「それ ここにいる彼女が作ったのよ」


・・・って 一緒に見に行った お友達のEちゃんが その男の子に言うと




「Seriously??;マジでぇー?? すごく この作品が気にいっちゃった! 本当に格好いいよねぇー!」

・・・みたいな 素直なリアクション




あっらー・・この子 可愛いぢゃないのぉー!Mちゃん もう年齢差なんて気にせずに 熱烈アタックしちゃえばぁー??





「でも あんなに若い子と付き合ったら 犯罪だから遠慮しておく!」

・・・ってMちゃん



(これからアートの学校に行って基礎コースを始めるって言ってましたので 多分彼はまだ10代でしょう・・ )




Mちゃんと彼はメルアド交換をして Mちゃんの作品の写真を送ってあげるって約束していました





私の彼のD君は あまりこういう系統のアートには興味がなく 去年は一緒に行ったのですが 今年は・・・



「本当に残念だけど 女王陛下からの内密の用事で 国外に出なければならないんだ・・・・


だから 行けない!」



・・・・って回りくどく 断りを入れました!!(。。?)


(まぁ この日は仕事だったんですがねぇー)



11月には大英博物館近くのギャラリーでもMちゃん達の展覧会があるそうですので それは絶対に連れて行くぞ!!!!ラジャ (`_´ )ゞ

by zuppinalondon | 2006-10-22 06:32 | ロンドン生活

ロンドン髪型ウォッチング - 番外編

f0102613_665563.jpg

この写真はD君がメールで送ってきたものです


「 cho kawaii isnt it!?(;チョーカワイイでしょ!?)」


・・・うーん・・たしかに可愛い!!キャーq(≧∇≦*)

それに 孫悟空の格好してるしー




イギリスでも 堺正章さんの「西遊記」は「Monkey;モンキー」というタイトルで昔大人気だったそうです・・


でも 猪八戒が「ピグスィー」 沙悟浄は「サンディー」っていう風に 名前が英語風になっちゃっていたそうなので ちょっと変ですねぇ


D君も小さい頃から 何度も再放送の度に見ていたとの事



新しい 西遊記(香取慎吾君のやつ)も こっちのテレビ局で放送するっていう話しでした

でも 吹き替えだからなぁ・・



D君は楽しみにしています!!





さてさて・・・・


今回 D君が縮毛矯正するにあたって 色々と下調べをしたんです



日本の縮毛矯正はかなり技術が進んでいて 白人の髪の毛にも適している・・

との事で ひとまずは 安心




そして ハリウッドのセレブ達もやっているという 日本の美容師さんが開発した縮毛矯正技術「ユーコ システム」というのを耳にしました



この「ユーコ システム」とは 矯正中に熱を使ってたんぱく質を髪の毛に入れて行くという 画期的な方法 w(゜o゜)w オーッ



これをすると 髪の毛が健康な状態になりつつ 真っ直ぐに出来るらしいのです \(@^o^)/ <キャッホー!!




そして ロンドンでもこの「ユーコ システム」を取り入れているお店は何軒かありました!!



D君も このシステムに興味津々!

ネット上で調べると・・・




なんと お値段が300ポンド(6万6千円)から・・(○_○)!!



えーっと・・・矯正部分は永久に真っ直ぐですが 髪の毛って結局は伸びてきますよねぇ・・


いくら髪が伸びるのが遅いD君でも 半年もしたら クルクル部分が目立ってきちゃいますよー!




D君に この値段を告げると・・・


「(@_@;)パチクリ・・・・」


無言になっちゃいましたぁー!







いくら なんでも300ポンドかける程 髪の毛ないだろ!!!!


\(`0´)/キイッッ\(`0´)/キイッッ\(`0´)/キイッッ


・・・とは 私は言いませんでしたが 本人も同様の事を思ったようです・・






今回やった 縮毛矯正プラス カットの150ポンドも高いと思ったのに 更に倍のお値段は どう考えても出せません!



でも きっとお金持ちの方なら やるんだろうなー・・

ご興味のある方は たしか D君の行った美容室の隣の美容室で この「ユーコシステム」をやってるようですので どうぞ!!


ちなみに こちらですと 半日かかるそうですので お時間に余裕のある方のみ!!





さて D君ですが・・・

その後 髪の毛は真っ直ぐのままだそうですが・・・・突然・・




「I want my Kuru bit back!;クルクルに戻ってきて欲しい!」

(“bit’’とは 英語で「・・の部分」という意味がありますので 「Kuru bit」とは 「クルってした部分」って事です!)


・・・・なんて言うんです!!



「どうしたの??」ヽ(  ̄д ̄;)ノ エー!?

・・・って聞いたら




髪を洗ったら あまりに髪の毛が真っ直ぐになりすぎて前髪がツンツンって立っちゃうし・・・



左右非対称のアシンメトリーカットですので 長い部分が短い方へ流れちゃって バーコードヘアーのオジサンの毛が風に吹かれて 片方だけ ダラーンってなっちゃった風に見える!!


(ちなみに 英語では1;9分けを「Comb over;コーム オーヴァー」(櫛で梳かしつけた)って言います(^.^;」



・・・だから クルクルがちょっと恋しい・・・


って言ってました!!





人間って ないものねだりだなぁーー




でも なんだかんだ言っても 真っ直ぐが嬉しいD君でした!!!


by zuppinalondon | 2006-10-18 06:58 | ロンドン生活

ロンドン髪型ウォッチング - D君の縮毛矯正編 その2

f0102613_20342983.jpg

私の彼のD君の縮毛矯正・・・・・・

(「ロンドン髪型ウォッチング - D君の縮毛矯正編 その1」の続きです)



実に4時間かかりました!!Ψ(・O・)Ψ お手上げ



私は 長丁場を予想して お友達にいただいたカステラ、時間つぶしのためのPSP(プレイステーション ポータブル) そして飲み物を持って行きました!!




午後2時に予約を入れまして その前に腹ごしらえ

もちろん D君の奢りでございます



ラーメン屋さんで 私は餃子セット D君はカツ丼に餃子を単品で注文

なぜか カツ丼にウスターソースをかけて 美味しそうに食べていました・・・(°◇°;) ゲッ



(基本的には イギリスの食事は味がついてなく 塩味も殆ど感じないくらい薄味なんですが 何故か こちらの方々はソース系をたーーーーーーーーーーーーーーっぷり ドボドボと使うのが好きみたいです・・


回転寿司で お寿司が醤油のプールに泳いでいる・・って位 浸して食べている人を良く見ます・・


ちょっと 気持ち悪いですよねぇー( ̄ェ ̄;))




食事のあとで ちょっと時間が余りましたが 早めに美容室に行ってヘアカタログをチェックする事に



D君が今回行った美容室はロンドンの日系美容院の中でも ドレッド・ロックヘアーやアフロヘアー、エクステンションもやってくれるという ファンキー系なお店



日本人だけではなく 地元のお客様 特におしゃれに敏感なタイプの人が行く・・って感じの所でした



でも スタッフの皆さん 大変礼儀正しく D君も担当の方以外の美容師さんとお話しをしたりして 楽しそうでした



まずはシャンプーから始まり そのあと縮毛矯正が開始!


何故か不安そうな顔をしているD君・・・



この日のために 髪を伸ばしていたので パーマ液がのせられると かなり長いですねぇー
f0102613_2122994.jpg

なんだか 金八先生か長州小力みたいに見えましたよぉ(≧∇≦) ブハハハ



そして 途中でお店が混んできて 別の席に移されたD君


「あれ?どこ行ったのかな??」

・・・って思っていたら 似たような髪形の人が2-3人いて 後姿からは見分けがつきませんでしたぁー




私は途中ゲームにも飽きて 片っ端からお店においてある日本の雑誌を読みまくり!!


そして 時々D君の姿を盗撮!!|・-・) |-・;)|・;) |;) |



パーマが終了後にシャンプーをして 更に美容師さん二人がかりでヘアーアイロンで髪を真っ直ぐにして行きます


これが結構長かった!!




D君 きっとのどが渇いているだろうなー・・・



お店の方が飲み物を勧めて下さったようですが 緊張のためか 「No thank you, I'm fine.;結構です 大丈夫ですから」って言ってしまったようです


(付き添いの私にまで 飲み物を勧めて下さったんですよー)





完璧に真っ直ぐになった自分の髪の毛を見て D君は・・・

「あーーーーーーーーーーーっつ!!もう このままでいい!!切りたくない!!もったいない!!(ー’`ー;) ウーン」

・・・って思ったそうですが・・・



その前の打ち合わせで 予定のウルフヘアではなく ちょっと変わった アシンメトリーな髪型にするって決めてあったので そのままカットへ・・
f0102613_2121828.jpg

ジョキジョキ切られてましたー!!


終わったあとに お支払い・・

カットは別料金ですので 縮毛矯正とカットで今回は150ポンド(33000円)



だいたいの相場が縮毛矯正は100ポンドから180ポンド位 (長さによる)

そして こちらのお店はカットが35ポンド(7700円)


ロンドンでしたら 普通のお値段ですよ




そして D君の髪の毛!
f0102613_21342735.jpg

f0102613_21352585.jpg

「チョー チュルチュルー!!(ツルツルの意味)」


「今まで行った美容室の中で 一番上手で気に入ったぁー」



・・・って大絶賛!!




そりゃねぇー 今までは自分の家の近くの ゲイの美容師さんに切ってもらっていて 行く度にゲイに改宗(?)しろ!って言われ続けてきましたのでねぇ・・・(;-_-;) ウーム




「次は ハニっぴも一緒に切りに行こうねー」

・・・・って ただ単に美容院への行き方が分からないだけだと 私はにらんでいます・・( ̄~ ̄;)




帰りは ウィンドーに映る自分の姿を何度も見ていた D君

「最高のお誕生日プレゼント ありがとう!!」って言ってくれました





クリスマス プレゼント期待してるよー!!フフフ ( ̄+ー ̄)キラーン




Ticro Hair;チクロ ヘアー

67 Endell Street

London

WC2H 7DB

Tel;020 7836 5030

毎日オープン!休みナシ!!


*行き方*

地下鉄ピカデリーライン コヴェントガーデン駅下車

ニールストリートの一本右の道を
真っ直ぐ進むとあります


by zuppinalondon | 2006-10-16 21:48 | ロンドン生活

ロンドン髪型ウォッチング - ロンドン de 美容室のススメ

今日 D君とMSNメッセンジャでチャット中に・・・




「ブログを見たけど “D” って文字と “HAGE(ハゲ)”って文字しか読めなかったけど!?(`m´#)ムカッ・・・何 書いたの???」

・・・って言われましたぁー





D君は少しだけ平仮名とカタカナが読めるのですが ただ読めるだけで意味はとれません・・


ので 自分が薄毛(HAGE)って暴露されたと思っているようでした(*^m^*) ムフッ





「えーーーっつ!?私の事を罠にはめて 一緒に付いて来させようとした事を書いたんだよ!」

・・・・って言ったら




「モジモジ (。_。*))・・・・・皆さん 何か言ってた??」

・・・・と 何故か皆様からのコメントを気にしていましたぁー・・・(*゜∇゜)?



★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜



さて ロンドンは日本の約倍の物価ですΣ( ̄ロ ̄lll) ガビーン


現在1ポンドが約220円強ですが 1ポンド=100円と思わないと やってられません!




そんなロンドンで普通に髪の毛を切るとなると やはり最低が30ポンド(6600円)とられてしまいます




そして イギリスは美容師免許ってものがなくても 誰でも美容師になれてしまう 恐ろしい国なのです!!! 


ハッ!|o゜)衝撃の新事実


ですから 基礎がなくて 見よう見まねで美容師をやっている人も かなりいるそうです・・・


注意してね!




また 有名な「ヴィダル・サッスーン」や「トニー&ガイ」のような一流サロンでは さらにお値段が高く カットは最低40ポンドから(9000円位!!!)



うーん・・高いですよねぇー・・ (O.O;) マッシロ~

私はカットで9000円なんて絶対に出せませんよ・・





そんな ロンドンでも なんと格安で高級サロンのカットが体験できる秘策があるんです!!(≧ ≦)Ω ヨッシャ!





この二つの超有名サロンは それぞれに 美容学校を経営しています


いわゆる「アカデミー」ってヤツです




カットモデルをいつも募集してるんですよねぇー・・

おまけに 払っても5ポンド

雑誌とかの広告を持っていくと 無料でカットしてもらえます!





そこは 全くの素人の方も学ばれているのですが 多くの生徒さんは 元々自分の国で美容師をやっていて 箔を付けるためにロンドンでちょっくら勉強して来るか!・・って感じの方々らしいです




日本でも結構美容師さん 短期コースを受けてる方が多いようですよ・・


(でも 授業料はメチャ高らしいです・・・2週間コースで 30万円とか・・・(@_@) パチクリ)


だから それが払える位の人たちが行ってるので 結構大丈夫らしいです





実際に私の同僚のLちゃんや Bちゃんは いつもカットモデルで切ってもらっています



ただし ちょっと切っては 先生に見てもらい チェックが細かく入るので 最低でもカットに2時間はかかるらしいので 時間の余裕を見ていかないとね!



そして 万が一 最悪のカットになっても 先生が直してくれるそうですので ご安心を!




カラーも同時にやってくれるんですが 外国製のヘアカラーは処方が日本人の髪質には合わないので 色が出にくいそうです・・・


だから とりあえずカットだけでも 体験してみるのも 面白いかもしれませんよー


PS: ななさーん!是非お試し下さい!!(・・・って もう試したかしら??)




TONI&GUY ACADEMY

71-75 Oxford Street
London
WC1

Tel; 020-7836-0606


*月ー金の9:45AMから と 1:45PMから

予約は上記の電話番号に入れてくださいね!!

by zuppinalondon | 2006-10-15 07:37 | ロンドン生活

ロンドン髪型ウォッチング - D君の縮毛矯正編 その1

以前の日記「ロンドン髪型ウォッチング」にて 私の彼のD君が天然パーマなので ストレートヘアーに憧れている・・・という事を書きましたが・・・



イギリスの美容業界においてのパーマ技術は日本の足元にも及ばない位後れています



美容室に行っても ほとんどがカットのみで もともとクセ毛が多いのでパーマなんてかける人がいないんです



また 外国人の髪の毛は普通に真っ直ぐに切るだけでも 格好良く見えるらしいので 特にカットの技術も必要ないらしいです・・・・



だから 縮毛矯正パーマなんて出来るお店は殆どありませんし 経験を積んだ技術者が少ないために イギリスの某超有名サロンで縮毛矯正をやった日本人の方 髪の毛が根元から ブチブチと切れてしまったそうです・・!  Σ( ̄ロ ̄lll)



でも・・・・



「薄毛(HAGE)になる前に どうしても一度でいいので 直毛になりたい!!!(†〇†) 」


・・という D君の切実なる願いを叶えてあげたいと 日系の美容室を探しました




以前 一度ホームパーマ液でストレートに挑戦した私達ですが 結果は無残にも「クルクル」に戻ってしまったのです




D君は基本的には 全く自分にお金を使わないタイプで 洋服も同じのをずーっと着てますし髪の毛もたまに切りに行くか お母さんにバリカンしてもらう位でした



でも 本人はいつか 日本のヴィジュアル系バンドみたいな ちょっと変わった髪形をやりたい!!・・・って思っていたようです

(毛がある内にね・・・・ρ(-ε- ) )




だから 私が日本からお土産に買った ヘアーカタログを参考に 夢のヘアスタイルを決めていたんです



真っ直ぐな毛がツンツンと立っていて 毛先が真っ白で根元が黒い まるで狼かシベリアン・ハスキー犬みたいな髪型



そのために髪の毛を伸ばして それを隠すために 帽子をかぶり続けたD君



・・・帽子で蒸れて 余計HAGEに近づくのでは????( ̄。 ̄)・・・・


って思いましたが 本人の意思を尊重して あえてコメントは避けました




かなり ファンキー系の髪型希望って事で 日系でもファンキーな髪型を得意とする コヴェント・ガーデンにある「Ticro;チクロ」を口コミで知り早速予約に行ったのが2週間前



髪質が軟らかく 赤ちゃんのようなD君の髪の毛が 真っ直ぐになるか見てもらいに行きました




実は その前にD君が電話で話を聞こうとしたら・・・

んー・・英語があまり通じなかったらしくて・・・


だから 私も一緒に話を聞きに行ってきたのです




D君は外で待っていて 私が縮毛矯正について質問

対応して下さったスタッフの方は大変丁寧で 礼儀正しく 感じがよかったです



とにかくD君の髪の毛を見てもらおうと D君を呼びました



色々と質問して 髪の毛は真っ直ぐになるけど D君の希望するカラーは 髪の毛が痛みすぎるので お奨め出来ない・・・との結論でした


それでも ストレートにしたい!って事で 予約を入れることに・・





D君の次のお休みは 土曜日と日曜日です


土曜日にやれば 次の日は私も休みなので 二人でゆっくり出来るハズ・・・




「土曜日にすれば?」・・・って私が言うと

「エーット・・・土曜日はちょっと・・・日曜日にする!」・・ってD君




あれ?土曜日は何か予定があるのかな? 日曜日に予約したら 会えないじゃん!( ̄д ̄) エー



でも とりあえず日曜日の午後に予約を入れました

(何でも 縮毛矯正は4-5時間かかるらしいです・・・)



その後に D君に・・・・

「ねぇ・・何で土曜日に予約入れなかったの?そしたら 日曜日には二人で過ごせたのに(¬_¬)」・・って言ったら




「えっつ?日曜日二人で過ごすよ・・・だって僕達二人で美容院に行くんだもん!(* ̄m ̄) ププッ」





「今 「WE;ウィー(僕達)」って言った????」


「・・・・・・・・・・・・・・|(-_-)|キコエナイ・・・・・・」


「何で私が5時間も 美容院に付き合わなきゃならないの!!???w(☆o◎)wガーン」





D君ですねぇ・・ロンドンナー(ロンドンっ子)ですが ロンドンの中心地を意外と知りません



ですので コヴェント・ガーデンも一人では行けませんし ましてや 一回言っただけの美容院の場所なんて 覚えようともしませんでした




私は方向感覚は良い方ですので D君を連れて行かなくてはいけなく なってしまったのです・・・(o。o;) ソンナ・・・




かかる費用は来月のD君のお誕生日祝いの前渡しで 私が払ってあげることにしました




To be continued;続く!

by zuppinalondon | 2006-10-12 06:09 | ロンドン生活

ロンドン・リサイクル事情

f0102613_4133226.jpg

おそらく・・・・・


リサイクル先進国 ドイツからすると大英帝国は20年くらい遅れをとっているのではないでしょうか?



特にロンドン!!



ごみの分別化がいまだに徹底されていません!!



多民族の街ロンドンでは価値観の統一は難しく また教育が行き届いていない事もあり環境問題等には関心のない人も多いです





ゴミも缶、ボトル、プラスティック、紙・・・・なんでもごちゃ混ぜで捨てても大丈夫です





上の写真の「リサイクリング バンク」


これはウチのすぐ近くにある リサイクル専用のボックスですが あまり使っている人はいませんね~


(皆さん 普通に全部一緒にゴミとして 袋に入れて捨ててしまいます・・・)





フタがものすご~~~~~~~~く重くてですね 持ち上げるのに一苦労です

だから ボックスの脇に置いちゃう人もいます




私はゴミの分別は好きなので(変な趣味みたい?)喜んで紙箱も折りたたみますし ペットボトルも潰して出します


出来ればボトルなんて色別にしたいし 缶もアルミとその他で分けたい位だわ~





この「リサイクリング バンク」は なんでもリサイクルできるものなら 混ぜていれちゃってOKなんです


おそらく そういった仕事をする人がいるのでしょうね




・・・・道にゴミを捨てる人が多いロンドンですが その理由が・・・



「僕たちがゴミをポイ捨てしなかったら 道路掃除の人が失業しちゃうでしょ!?」


・・・・って平気でのたまう輩もいるくらいですので!





そんなウチの近所にも やっとリサイクルの風が吹き始めました




8月の中旬に一枚のチラシと共にウチに来たのがこの袋
f0102613_554951.jpg

あまりにリサイクル・バンクが活用されていないために ついに「ドアの前まで取りに来ます」作戦が開始されました





この袋にリサイクルする物を入れて玄関の前において置けば 毎週一回リサイクル業者が取りに来てくれるという優れもの!!




これはすごい!!なかなかやるな~ロンドン!!




だってわざわざ「リサイクリング・バンク」まで持っていかなくても 週に一回家の前でリサイクル~!!できちゃうんですもの~




これは使うしかないでしょ!!




早速 リサイクリング出来る物を集めました



ティッシュの箱~・・・ビニールの部分ははずしてね~!

牛乳パック(イギリスは紙ではなく プラスティック製)・・きちんと中をすすいで!

ペットボトル・・・潰しましょう!

缶・・・これもキレイにすすぎます~!

その他新聞や紙類・・・・きちんとまとめて 束ねておきましょうか~?


私の足と100均のスリッパが写ってますが・・・(・Θ・;)アセアセ…
f0102613_5565385.jpg

初日は8月22日 朝8時半回収ってなっていました!



なので 前日の21日の夜に玄関のドアの前に置いておきました




この日は仕事が遅番だったので 朝9時ごろに家を出発


その時はまだこの袋回収されていませんでした・・・




「アレ??日にち間違ったかな???」



でも同じフラットの人達の玄関の前にも 袋がまだ残っています・・・



「まぁ、そのうち来るさ!」・・・・と仕事に出掛けました





そして その夜8時ごろに家に着くと ・・


まだ 袋あり!!!!!( ̄Д ̄;;




取りに来てないじゃ~ん!!!!(-ω-;)ウーン



まあね・・・ロンドンですので・・・こんな事ありますよ・・・



でもリサイクルの初日から取りに来ないって・・・・・ε-( ̄ヘ ̄)



まあね・・・ロンドンですので・・・こんな事ありますよ・・・



結局 その週は全くリサイクル業者は来ずに 次の週にやっと それも時間は午前ではなく午後に取りに来たようです・・・



これで 少しはロンドナーもリサイクルを考えてくれるといいんですがね~

(業者がルーズだとね~ ダメだな~・・)

by zuppinalondon | 2006-09-14 06:18 | ロンドン生活

ロンドンに来てから食べ始めた物

f0102613_37651.jpg

まぁ ご存知の通り たいした物は食べてはいない私なのですが・・・



ロンドンに来て以来 日本食の材料はお金を出せば 大抵のものが手に入るんですよ~



以前ご紹介した 日本人の友「Japan Centre;ジャパンセンター」(略して’ジャパセン’)とかに行くと 日本のからの輸入食品がだいたい2倍~4倍くらいの値段で売ってます

ランカシャーのさばこさん!もうオンライン注文してみました~??)


お米もジャポニカ米が日本と同じくらいの値段で売ってますし・・



でもね~ そんなにショッチュウ2倍のお金を出して日本の食べ物は買えません



だから 環境に適応していかないと なかなか生きては行けないのです

元々 女性の方が適応力 順応性は高いですよね~




ロンドンも日本からたくさん人が来て住んでいますが 男の子 ダメですよ・・

食べ物が口に合わないと もう悲惨です・・・



ある男の子なんか ホームステイ中3ヶ月間で6kgも体重が激減!

ガリガリになっちゃったそうです




大抵は女性はロンドンに来て太り 男性は痩せる・・


そんな感じですかね~




私は「行ったり・来たり」って感じですので なんとかサイズ6をキープしてますよ~!

(日本の7号サイズですね~ でもあまり このサイズは売ってません)





やはり イギリスと日本は売っている食べ物の種類が違うので調理法も異なります


イギリス料理は基本的にはオーブンぶち込み型

何でもオーブンに入れて火を通せばいい!って感じでしょうか?




またバターも多く使いますね~

料理番組を見ていると 気持ち悪くなる時があります・・

普通にオリーブオイルでさっぱりと・・みたいなのは イギリス料理ではないのです



私はご飯が好きですし 麺類も大好き!

だから 自然とイタリアンチックな食べ物か和食風の物を作る事がほとんど



そんな ロンドンで私が気に入っているのは・・・

上の写真に写っている「アーティチョーク」!!



日本でもピザのトッピングとかに乗っている時はありますよね~



この大手スーパーの「Sainsbury's;セインズベリーズ」から出ている アーティチョークのマリネ 美味しいんですよ!


ちょっと酸っぱくて ガーリックとオリーブオイルに漬かってます



このまま食べても美味しいし サラダやパスタにもGood!!


そんなんで 今日はこれを使ってお料理してみました~
f0102613_3325888.jpg

「アーティチョークとフェタチーズのガーリックパスタ」


上の写真にも写っている ギリシャのフェタチーズ


日本でもオイル漬けのものは売っていると思いますが イギリスは生(?)タイプも手に入ります


ヤギのミルクから出来た 塩気の強いチーズですので 4~5ヶ月は持つみたいです


かなりポロポロとしていて 手で崩しながら使います


このパスタ 多分トマトやきゅうりの角切りとか パプリカなんか入れてパスタサラダにした方が良かったかも・・・




そして フェタチーズ Buy one get one freeでしたので たくさん使えます


だから ついでに こんな物も作ってみました~
f0102613_3394451.jpg

「Courgette;クージェット(ズッキーニの事をこう呼びます)のグリル」



ミートソースが余っていたので 上に乗せて フェタチーズも乗せてオーブンに入れるだけ~



フェタチーズって溶けるかと思ったら 溶けなかった・・・



でも塩味が効いて美味しかったです!




最近やっと中華の野菜は一般的になってきたようで 白菜(チャイニーズ・キャベッジ)や モヤシ(ビーン・スプラウツ)は普通に買えます



でも 牛蒡や里芋は無理だろうな~・・・



日本は食欲の秋!秋刀魚や栗 その他モロモロ・・・

羨ましいな~!!



*おまけ*

昨日の日記の幻のC君の写真が手に入りました~!!!



Aちゃんが お別れ会で突然撮ったもの~

私も隣で “ビッグスマイル”しておりま~す~!!!!






これです!!!!



f0102613_357573.jpg

いっつも こうなんですよ~!!!!!!


顔絶対に隠すの!!!!

by zuppinalondon | 2006-09-12 03:59 | ロンドン生活